TOKYO大リーグ 運営規約
第1条 TOKYO大リーグ規約(仮)
・日程は各チーム代表により個別に設定
・フェンスダイレクトはホームラン(世田谷公園軟式野球場のみ適用。羽根木公園軟式野球場の場合はフェンス越えのみ)
・三盗は無し(*要注意!)
・9時30分時点で6名以下の場合は不戦敗、
 7名(2名欠員)の場合は2点、
 8名(1名欠員)の場合は1点のペナルティ
・10時40分時点で両チーム相談により試合終了を調整
・降雨中止の場合、4回成立後は雨天コールド。4回成立前はノーゲーム
・スコアは試験的に全チームで打撃成績は記録する。
 シーズン前半終了程度で、全チームがスコア運営が出来ているようであれば、
 リーグとして個人成績を管理、打撃3冠程度の表彰を行いたい。(あくまでスコアの運営次第)
 表彰の対象は規定試合数8以上、とする。
・助っ人、ユニフォーム非着用の人数は不問とし、9人揃って試合成立すればとりあえずOK。
・投手については助っ人基本不可(各チームの良心に委ねる)
・田中ゲンショー選手の2重所属はOK。
 メインの所属はレピッシュとし、レピッシュ戦以外でサンキングでの出場も可。
(打撃成績管理を実施の場合、レピッシュでの成績を正式記録とし、サンキング分は参考記録扱いとする)
・リーグ加盟費、運営費として年間1チーム5千円(優勝賞品等に充当予定)