富山中央軟式野球連盟
富山中央軟式野球連盟 運営規約
第1条 富山中央軟式野球連盟大会要項
【大会顧問】
しゃがわ智也 富山市議会議員

【協賛企業】
ダイワマルエス株式会社、SPORTS DEPOファボーレ婦中店、ベースボールハウスMVP、株式会社ifD、有限会社馬場保険事務所、マクドナルド呉羽店、サッポロビール株式会社、ふかみ接骨院

【第1項】
富山中央軟式野球連盟(以下、当連盟とする)主催大会参加において、各チーム代表者は必要事項を主催者へ報告する。

【第2項】
当連盟内の連絡はLINEでの連絡を主とする。

【第3項】
当連盟主催大会に参加のチームは、参加にあたり定められた参加費を1月末日までに納める。参加費は以下の通り。
≪ 参加費 ≫
1.富山中央軟式野球リーグ・SPORTS DEPO杯両大会参加チーム・・・30,000円
2.富山中央軟式野球リーグのみ参加チーム・・・21,000円
3.SPORTS DEPO杯のみ参加チーム・・・10,000円
(*)当連盟主催の大会に初参加のチームは、登録事務手数料としてプラス3,000円。
(*)参加費納入後の返還は原則おこなわない。

【第4項】
参加費及び大会協賛金の使用用途は以下の通り。
1.審判謝礼金
2.試合会場使用料
3.備品、消耗品の購入修繕費用
4.各大会チーム表彰及び個人タイトル表彰費用
5.ホームページの作成、更新、運営費用
6.その他経費

【第5項】
代表者会議及び納会に関しては以下の通り。
1.代表者会議は2月最終日曜の常願寺川公園抽選会(以下、抽選会とする)後、納会は12月の第一日曜におこなう。
2.当連盟主催大会に参加のチームは、2月の代表者会議に必ず参加する事。
3.リーグ戦参加チーム及び当連盟主催大会に初参加のチームは、12月の納会に必ず参加する事。各チーム代表者を含め2名以上参加する事とし、納会に不参加のチームは翌年のリーグ戦への参加を辞退したものと見做す。但し、やむを得ない理由と主催者が判断した場合は欠席を認める。
4.納会の運営はリーグ戦参加チームによる持ち回りとする。幹事チームは4チームとし、役割は代表者会議時に抽選で決定する。
(※)幹事チームがやむを得ない理由で納会を欠席する場合、代理のチーム探しは欠席するチーム自らがおこなう事。

【第6項】
当連盟主催大会に参加のチームは、決められた試合数分のグランドを提供する事(ナイターは不可)。グランド提供に関しては以下の通り。
1.当連盟主催大会に参加するチームは、2月下旬及び6月下旬におこなわれる『常願寺川公園』の抽選会に参加しグランド確保に努める事。但し、SPORTS DEPO杯に於いて呉西ブロック参加チームに関しては、試合会場が『サンビレッジ新湊』という事を考慮し、抽選会への参加は任意とする。
2.6月の抽選会に関しては他大会の兼ね合いもあるので、当日に試合のチームは欠席を認める。
3.各チームで定期的にグランドを確保出来るチームに関しては、抽選会への参加は任意とする。
4.抽選会に参加したチームは、抽選に外れた場合もグランド提供の条件を満たしたものとして扱う。
5.グランド提供数に関して、中央リーグ・DEPO杯両大会参加チームは年間2試合以上、どちらか1大会のみ参加のチームは年間1試合以上のグランド提供を必須とする。
7.上記の条件を充たす事の出来ないチームは、翌年の当連盟主催大会への参加を認めない。

【第7項】
当連盟主催大会に於ける参加メンバーの複数チームでの登録は、主催者の了承を得れば可能とする。
(*)個人成績は両チームでは合算されず、各チームでの個別成績とする。

【第8項】
参加チームの登録抹消に関しては以下の通り。
1.審判及び対戦相手から著しくマナーが悪いと報告のあった場合。
2.大会運営に協力的で無いと主催者が判断した場合。
3.リーグ戦参加チームに於いて、予選リーグで不戦敗が二回以上あった場合。その場合、シーズン終了後に登録抹消とし翌年のリーグ戦参加を認めない。

【第9項】
助っ人出場及びユニフォームに関しては以下の通り。
1.助っ人の出場は2名まで可とする。(ベンチ入りは3名以上でも可)。但し、投手での出場は認めない。
2.試合出場メンバーは必ずユニフォームを統一着用すること。ユニフォームの相違があった場合、そのチームを不戦敗とする。但し、アンダーシャツ、ストッキングの色の違いに関しては他色でも可とする。
(*)ユニフォーム相違が理由での不戦敗が二度あった時点で改善の努力が見られないと判断し、そのチームを登録抹消処分とする。
3.HP登録と出場選手の背番号の相違は可とする。ユニフォーム忘れの場合、試合に出場していないメンバーの物を借用して出場する事。

【第10項】
試合日程は、中央リーグ・DEPO杯共に全試合主催者が調整する。日程調整に関しては以下の通り。
1.諸事情(メンバーの結婚式、会社行事、地区行事、仕事の関係等)により事前に試合を出来ない日が分かっている場合、試合不可日の60日前までに主催者へ連絡する事。
2.HPアップ後の延期申し入れは原則不戦試合とし、試合不可のチームを不戦敗とする。
3.アテストの大会に関しては、各チームで日程が重ならないよう調整する事。
4.他大会の日程の関係で、移動時間も含め日程が被った場合は日程延期を認める。

【第11項】
試合球は各チーム新球2個ずつ用意する。大会協賛の関係でリーグ公認試合球は『ダイワマルエスM号球』に限定する。それ以外のメーカーの使用は認めない。

【第12項】
グランド準備及び片付けに関しては以下の通り。
1.試合をおこなううえで、ライン引きは必須とする。試合前のベース準備及びライン引きは一塁側チーム、試合後の用具片付けは三塁側チーム、グランド整備は両チームでおこなう。
2.グランド整備はダイヤモンド内だけでなく、ファウルグランド及びベンチ前まで必ずおこなう。
3.マウンド及びバッターボックスは穴を埋めて慣らすだけでなく、必ず踏み固める。
4.ラインカー内に残った石灰はラインカー内に残しておかずに所定の容器に必ず戻す。

【第13項】
喫煙及びゴミの取り扱いに関しては以下の通り。
1.学校施設内での喫煙は原則禁止とする。但し、喫煙可能な場合はその試合会場の責任者の指示に従う。
2.ベンチ内及びグランド内での喫煙は厳禁。喫煙はベンチ裏でおこなう。
3.チーム代表者は、試合後に必ずベンチ内及び周辺の吸い殻・ゴミの有無を確認し持ち帰る事。

【第14項】
ファウルボール又はホームラン等でボールを紛失した場合、紛失したチームがボールを補充する。補充時のボールは新球以外でも可とする。

【第15項】
プレイにおけるジャッジは審判に従うものとし、審判ジャッジへ対するヤジ、暴力行為を禁止する。異議申し立てをおこなう場合はチーム監督(30番)または主将及びチーム代表者のみ審判への申し立てを許可する。但し、5分以上の異議申し立てを禁止する。

【第16項】
不測の事態が発生し試合継続が不可能な場合、試合スコアは試合継続不可チームを後攻とし『7対0』とする。また、個人成績は、試合継続不可になったイニングまでの成績を反映する。

【第17項】
試合中に発生した怪我及び設備等の破損に関しては各チームでの責任とし、主催者は一切の責任を負わない。不測の事態に備え、各チームでスポーツ保険に加入しておく事を推奨する。

【第18項】
用具類に関する規定は全日本軟式野球連盟の規定に準ずるものとする。

【第19項】
大会の運営に関して、当規約に明記されていない事項を決定しなければならない場合、その決定は主催者がおこなう。
第2条 大会方式に関して
≪富山中央軟式野球リーグ≫
1.28チーム参加
2.実力による一部・二部制で予選リーグ開催。 1部各ブロック上位2チーム、2部各ブロック上位1チームが決勝トーナメント進出。他に1部各ブロック三位チームと2部各ブロック二位チームの計6チームによる3チーム✕2ブロックのトーナメント形式によるプレイオフを実施し、2チームが決勝トーナメント進出。1部・2部の各ブロック上位チーム及びプレイオフ通過チーム全10チームによる決勝トーナメントをおこなう。
【1部】・・・4チーム✖2ブロック、各ブロック二回戦総当たり戦(1チーム6試合、各ブロック上位2チーム決勝トーナメント進出)
North Fatty、HIMARS、ヤンキース、ifD、K・D・A、ナイトファイターズ、騎兵隊、Team Banba
【2部】・・・5チーム✖4ブロック、各ブロック一回戦総当たり戦(1チーム4試合、各ブロック上位1チーム決勝トーナメント進出)
ターゲット、Survive、ハウステック富山、小杉カッキィJAPAN、呉羽Bonds、JAGUAR、ドラゴンボールH's、マーヴェリック、ユニゾーン、ピアハウスBC、Da:friends.、CAT'S EYE、R.Y.U.S.E.I.、タイガー球団、繁栄丸ファイターズ、ミステリーサークル、ダイヤモンドオービス、flo jack、RANGSRS、クラブTITO
3.試合消化期限 (予定)
1)予選リーグ・・・8月最終日曜まで
2)プレイオフ・・・9月第3日曜まで
3)決勝トーナメント(準決勝まで)・・・11月第1日曜まで
4)決勝戦・・・11月最終日曜まで
4.次年度の一部・二部の昇降格については主催者判断とする。

≪SPORTS DEPO杯≫
1.32~40チーム参加
2.活動地域、時間帯により4ブロックに分けて予選トーナメント実施。各ブロックを勝ち上がった4チームで再抽選をおこない決勝トーナメント開催。
【呉西地区ブロック】・・・1ブロック
【朝間ブロック】・・・2ブロック
【朝間・日中ブロック】・・・1ブロック
3.試合消化期限 (予定)
1)予選トーナメント・・・9月最終日曜まで
2)準決勝・・・10月最終日曜まで
3)決勝戦・・・11月最終日曜まで

≪しゃがわ智也杯・富山中央軟式野球連盟王座決定戦≫
1.中央リーグ優勝チーム及びSPORTS DEPO杯優勝チームは、翌年3月に開催される『しゃがわ智也杯・富山中央軟式野球連盟王座決定戦 』へ出場する。
2.両大会を同一チームが優勝した場合、各大会準優勝チームを対象とし、決勝戦での優勝チームとの得失点差の少ないチームを出場とする。同得失点差の場合、
1)得点数
2)失点数
の順で出場チームを決める。
3.中央リーグ及びSPORTS DEPO杯のいずれかの大会が天候不良等のやむを得ない理由により終了していない場合、前年のしゃがわ智也杯勝利チームが代理出場する。
4.大会日程は3月第3日曜とする。天候不良等により試合不可の場合、その年の開催は中止とする。
第3条 試合に関して
【第1項】
試合時間について
1.試合は各大会とも7回戦とし90分以内の時間制限を適用する。但し、決勝戦及びしゃがわ智也杯に関しては、7回戦120分以内とする。
2.次回の表裏の攻撃で制限時間を超えると予想される場合、予想される回を最終回とする。

【第2項】
勝敗について
≪富山中央軟式野球リーグ≫
1.予選リーグ・・・同点で7回終了または7回まで試合をおこなえずに制限時間を超えた場合、引き分け。(大差によるコールドなし)
2.プレイオフ・・・同点で7回終了または制限時間を超えると予想される場合、1回のみ特別規則(タイブレーク)を実施。タイブレークをおこない勝敗が決まらない場合、最終回に守備に就いていた同ポジションの者同士9名での『ジャンケン』で勝敗を決める。(大差によるコールドあり)
3.決勝トーナメント・・・プレイオフと同様とする。
4.決勝戦・・・同点で7回終了した場合、120分の範囲内で勝敗が決まるまで特別規則(タイブレーク)を実施。(大差によるコールドあり)

≪SPORTS DEPO杯≫
1.準々決勝まで・・・同点で7回終了または制限時間を超えると予想される場合、最終回に守備に就いていた同ポジションの者同士9名での『ジャンケン』で勝敗を決める。(大差によるコールドあり)
2.準決勝・・・同点で7回終了または制限時間を超えると予想される場合、1回のみ特別規則(タイブレーク)を実施。タイブレークをおこない勝敗が決まらない場合、最終回に守備に就いていた同ポジションの者同士9名での『ジャンケン』で勝敗を決める。(大差によるコールドあり)
3.決勝戦・・・同点で7回終了した場合、120分の範囲内で勝敗が決まるまで特別規則(タイブレーク)を実施。(大差によるコールドあり)

≪しゃがわ智也杯・富山中央軟式野球連盟王座決定戦≫
同点で7回終了した場合、120分の範囲内で勝敗が決まるまで特別規則(タイブレーク)を実施。(大差によるコールドなし)

≪交流戦≫
同点で7回終了または制限時間を超えると予想される場合、引き分け。

【第3項】
富山中央軟式野球リーグに於いて、雨天などの事情でやむを得ず予選リーグ開催期間内に試合消化できなかった場合、両チーム協議により『不戦試合成立の合意』が成ったという条件で両チーム共に『不戦引き分け』を成立『勝ち点1』を両チームに加点する。それ以外のケースでは両チームを不戦敗とする。

【第4項】
富山中央軟式野球リーグ予選リーグでの『勝ち点』は
勝利→3点、敗北→0点、引き分け→両チーム1点、不戦勝→3点、不戦敗→マイナス3点、大差得点差勝利(7点差以上)→
プラス1点、と定める。同勝ち点、さらには同得失点差の場合は、
“勝ち点 > 得失点差 > 直接対決 > 再戦 ”の順で順位を決める。
但し、3チーム以上が同率の場合で勝敗が三つ巴の場合は得失点差を順位決定とする。
第4条 特別延長『タイブレーク』に関して
【第1項】
当連盟に於ける延長戦は特別規則『タイブレーク』(無死満塁継続打順)を実施。

【第2項】
延長時の投手・打者・走者の成績は個人成績に含まない事とする。但し投手成績の『勝利投手』の条件に関しては、延長前からの投球イニングが4回0/3以上の場合に限り、勝利投手としての権利を得る事とする。(勝利投手の条件に関しては2018年より適用)

【第3項】
タイブレーク時の完全試合は認めない。但し、 無安打無得点試合は適用とする。
第5条 スコア報告に関して
【第1項】
各大会共スコア報告を必須とする。報告はLINE及びPCメールでおこなう。

≪富山中央軟式野球リーグ≫
試合翌日までに連盟指定のスコアシート(自チーム独自の物でも可)を使用した試合詳細結果を報告する。

≪SPORTS DEPO杯≫
1.試合翌日までに、両チームが専用のスコア報告シートで結果を報告する。但し、リーグ戦参加チームはリーグ戦と同様に連盟指定のスコアシート(自チーム独自の物でも可)を使用した試合詳細結果を報告する。対戦相手がリーグ戦に参加していない場合、スコア詳細の報告を義務付けていないことから投手成績の判断が出来ないので、各チームで自チームの投手成績も記入し報告すること。
2.翌年からのリーグ戦に参加を希望するチームに関しては、リーグ戦同様の試合詳細結果報告を義務付ける。

≪しゃがわ智也杯・富山中央軟式野球連盟王座決定戦≫
SPORTS DEPO杯と同様とする。

≪交流戦≫
SPORTS DEPO杯と同様とする。
第6条 表彰に関して
【第1項】
各タイトル受賞者は、納会でおこなう表彰式に参加する事。
1.年間最優秀選手、ベストナインに関しては、事前に2~3名の候補者を発表し、納会に参加出来る選手の中から主催者判断により選出する。
2.優秀投手・打者各タイトル受賞者で納会に諸事情により参加出来ない場合、チーム内で代理メンバーが必ず出席する事。いずれも出席できない場合、タイトル受賞辞退と見做す。タイトル辞退時のギフト券は次年度の運営費として利用する。

【第2項】
チーム表彰は以下の通り。
≪富山中央軟式野球リーグ≫
☆優 勝☆
優勝旗、優勝カップ、楯、賞状、公式球、最新モデルバット(メーカー未定)、マクドナルド商品券、サッポロビール商品
☆準優勝☆
準優勝カップ、トロフィー、公式球、マクドナルド商品券、サッポロビール商品

≪SPORTS DEPO杯≫
☆優 勝☆
優勝旗、優勝カップ、楯、賞状、公式球、ビヨンドマックスギガキング、マクドナルド商品券、サッポロビール商品
☆準優勝☆
準優勝カップ、トロフィー、公式球、マクドナルド商品券、サッポロビール商品

≪しゃがわ智也杯・富山中央軟式野球連盟チャンピオン大会≫
☆勝利チーム☆
勝利カップ、賞状、マクドナルド商品券、サッポロビール商品

【第3項】
個人表彰は以下の通り。(予定)
≪年間表彰≫
☆年間最優秀選手賞☆
15,000円分SPORTS DEPOギフト券、マクドナルド商品券、記念品、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦の成績及びマナーを考慮し主催者判断により選出し表彰する。
☆年間敢闘選手賞☆
10,000円分SPORTS DEPOギフト券、マクドナルド商品券、記念品、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦の成績及びマナーを考慮し主催者判断により選出し表彰する。
☆ベストナイン☆
5,000円分SPORTS DEPOギフト券、マクドナルド商品券、記念品、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦の成績及びマナーを考慮し主催者判断により選出し表彰する。
☆最多勝利賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦を通し、年間で最も勝利数の多い投手を表彰する。
☆最多奪三振賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦を通し、年間で最も奪三振の多い投手を表彰する。
☆最多登板賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦を通し、年間で最も登板イニングの多い投手を表彰する。
☆最多安打賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦を通し、年間で最も安打の多い打者を表彰する。
☆最多打点賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦を通し、年間で最も打点の多い打者を表彰する。
☆最多得点賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦を通し、年間で最も得点の多い打者を表彰する。
☆最多盗塁賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦を通し、年間で最も盗塁の多い選手を表彰する。
☆最多塁打賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)中央リーグ・DEPO杯・しゃがわ智也杯・交流戦を通し、年間で最も塁打の多い選手を表彰する。

≪富山中央軟式野球リーグ≫
☆最優秀選手賞☆
10,000円分SPORTS DEPOギフト券、マクドナルド商品券、記念品、賞状
(※)優勝チームの選手より選出する。
☆優秀選手賞☆
5,000円分SPORTS DEPOギフト券、マクドナルド商品券、賞状
(※)準優勝チームの選手より選出する。
☆優秀投手賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)予選リーグ各Groupに於ける投手成績欄のポイント最高選手を表彰する。複数の選手が同ポイントの場合、主催者判断による決定とする。各試合におけるポイントは次のとおり。
勝利(5P)、1アウト(1P)、奪三振(3P)、与四球(-1P)、与死球(-1P)、自責点(-3P)、失点(-1P)
☆優秀打者賞☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、賞状
(※)予選リーグ各Groupに於ける打者成績欄のポイント最高選手を表彰する。複数の選手が同ポイントの場合、主催者判断による決定とする。各試合におけるポイントは次のとおり。
四球(3P)、死球(2P)、犠打(3P)、犠飛(3P)、内野安打(3P)、単打(3P)、二塁打(5P)、三塁打(7P)、本塁打(10P)、盗塁(5P)、得点(3P)、打点(7P)

≪SPORTS DEPO杯≫
☆最優秀選手賞☆
10,000円分SPORTS DEPOギフト券、マクドナルド商品券、記念品、賞状
(※)優勝チームの選手より選出する。
☆優秀選手賞☆
5,000円分SPORTS DEPOギフト券、マクドナルド商品券、賞状
(※)準優勝チームの選手より選出する。

≪しゃがわ智也杯・富山中央軟式野球連盟チャンピオン大会≫
☆最優秀選手賞☆
10,000円分SPORTS DEPOギフト券、マクドナルド商品券、記念品、賞状
(※)出場両チームで最も活躍した選手を選出する。

≪特別表彰≫
【投手部門】
☆完全試合☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
☆通算投球回200回☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
☆通算200奪三振☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
☆通算50勝☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
【打者部門】
☆サイクル安打☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
☆通算10本塁打☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
☆通算50安打☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
☆通算50打点☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
☆通算50得点☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
☆通算50盗塁☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品
☆通算100塁打☆
3,000円分SPORTS DEPOギフト券、記念品