Smile Baseball League☆ 運営規約
第1条 大会説明
■1【リーグ名称】
リーグ名称は≪Smile Baseball League(SBL)≫という。以下「当リーグ」という。
当リーグは、年間で以下4つの大会を行うものとする。(2018年の大会内容になります)
・Smile Baseball League(SBL)
・Enjoy Baseball League(EBL)
・Plus Cup(トーナメント戦)
・リーグ代表戦(2or3チーム選出)
■2 【目的】
大会費用を安く、所属チーム同士交流を深め、公式戦を楽しむことを目的とする!
■3 【試合方式】
リーグ運営者・全所属チームは、グラウンドを確保する。
リーグ運営者は、理事等からチームスケジュールを確認し、マッチメイク・審判手配を行う試合方式とする。
(※自主対戦型ではありません。)
■4 【リーグ運営者・理事】
1)リーグ途中での規約変更は、リーグ運営者が理事へ確認等行い、判断・変更するものとする。
2)以下の理事は、意見交換等を行い、運営に協力すること。
また、チームスケジュール入力についても協力すること。
【リーグ運営者】
代表:柳 沢 (J-Wings☆)
【Smile Baseball League】
※以下『SBL』という。
※全16チーム順不同 敬称略
理事:藤 野 (J-Wings☆)
理事:加 瀬 (ESTRELA)
理事:清 水 (Gorgeous)
理事:西 原 (SCRAPS)
理事:伊 藤 (Red Bulls)
理事:石 原 (ストーンフィールズ)
理事:市 川 (JRシステム)
理事:木 村 (Monkey Ash)
理事:長 坂 (龍虎)
理事:大 山 (GROWS)
理事:岡 本 (CASCADE)
理事:鬼 塚 (NOヒッターズ)
理事:関 上 (拝島ユニオン)
理事:貞 森 (WEEDS)
理事:山 本 (MOCOBAKA)
理事:内 藤 (ディベルティード)
【Enjoy Baseball League】
※以下『EBL』という。
※全12チーム順不同 敬称略
理事:竹 田 (GB)
理事:福 田 (ノックアウツ)
理事:酒 井 (打越ウォルラス)
理事:古 田 (アスレチックスB・C)
理事:伊 坂 (Raptors)
理事:齊 藤 (TAISEI)
理事:池 永 (JOKERS)
理事:山 本 (MOCOBAKA)
理事:清 水 (なんぺりあん)
理事:山 崎 (国分寺ドリフターズ)
理事:玉 置 (日清八王子WAVE)
理事:藤 野 (J・W)
■5 【代表者がマッチメイク等をできない時期について】
1)リーグ運営者がマッチメイク等をできなくなった時は、できる限り早めに全理事へ連絡する。
リーグ運営者が連絡できないこともあるため、全理事は代表者から毎週土曜日に発信している『活動8日前の連絡が無かった時点』で何かあったものと判断し、以下の『自主対戦型』に切り替える。
2)自主対戦型とは…。
チームスケジュールを確認して、またはリーグHPの日程を確認して、理事間(チーム代表者間)にて連絡を取り、マッチメイクを行う方式。
さらにどちらか(片方がグラウンドを確保していたら確保チーム側)が、審判の手配を行う。
ここまでを理事間(チーム代表者間)にて行う。
※リーグ運営者がマッチメイク等をできない期間があることを想定して、この規約を載せています。
第2条 参加資格
■1【参加資格】
1)日曜日中(8:00~17:00)に試合ができること。
2)八王子市近辺で試合ができること。
3)投打成績を含む簡易なスコア付けができること。
※投手成績は相手チームの打撃成績を参考にしても良い。
4)年間10試合以上を消化できること。
5)グラウンドをある程度(月に1枠)確保できること。
6)試合結果(試合日翌日まで)・個人成績(試合日から2週間以内まで)を当リーグのHPに入力できること。
7)チームスケジュールを活動9日前までに報告できること。
8)以下の大会費を支払うことができること。
SBL:4,000円
EBL:4,000円
9)途中脱退しないチームであること。【厳禁】
※如何なる理由であれ、途中脱退はしないこと。
※脱退する場合は、如何なる理由であれ、大会費用の返金は行わないものとする。
※途中脱退チームは当リーグHPにて代表者名と合わせて公開する。
※規約違反等で脱退する場合、または注意を何度も受けても改善されないチームは、そのチームの表彰は無しとする。
10)過去も含め審判の判定に暴言を吐き、問題を起こした選手は、当リーグの試合に出れないものとする。【厳禁】
※助っ人も不可・選手登録も不可。
※仮に助っ人や選手登録が発覚した場合は、そのチームを登録抹消とし、出入り禁止とする。
※周りのチームに迷惑をかけるので、厳守すること。
第3条 概要
■1【開催場所と時間】
八王子市近辺で基本日曜日中に開催する。
但し、双方土曜日に試合成立する時は対戦可能とする。
■2【マッチメイク・審判手配の流れ】
1)リーグ運営者
理事へその月のスケジュールをメールにて送信する。
2)理事
『活動9日前の金曜日まで』にチームスケジュールを必ず入力する。
3)リーグ運営者
『活動8日前の土曜日まで』に全チームのスケジュールを確認し、マッチメイク・試合会場・派遣審判の費用を含めた詳細を理事へメールにて連絡する。
・派遣審判の手配はリーグ運営者が行う。
・派遣審判が確定しない場合は、確定後、再度連絡をする。
4)リーグ運営者
当リーグHPのスケジュール入力を行う。
※理事は、日時場所に相違がないことを必ず確認すること。
5)リーグ運営者
前日までにスコアのベースを入力する。
6)理事
試合当日、中止の場合はリーグ運営者へ連絡すること。(リーグ運営者はスコアの削除を行う)
■3【年間試合数】
1)SBL:10試合。
2)EBL:8試合。
3)Plus Cup:1試合〜最大5試合。
■4【次年度の参戦意思確認】
毎年8月頃に次年度の参戦意思を確認する。
9月以降に外部へ次年度の募集をする。
次年度の枠が埋まり次第、募集を終了とする。
■5【代表者会議】
1)出席できないチームのことを考え、代表者会議を行わず、メールでの連絡とする。
2)収支報告は当リーグのHP内にて行う。
3)次年度の内容確認と規約の確認はメールにてを行う。
4)表彰該当者は、12月のオールスターゲーム後に表彰を行い、欠席された方には次年にリーグ運営者が届けるものとする。
第4条 大会内容
■1【Smile Baseball League】
予選ラウンド・決勝ラウンドを行う。
1)『予選ラウンド』について。
・開催期間は3月〜8月まで(6か月)。
・8チーム×2ブロックで行う。
・ブロックは、EAST、WESTに分ける。
・ブロック分けは、前年のオールスターゲーム時に抽選を行う。
・予選ラウンド優勝賞品は無しとする。
2)『決勝ラウンド』について。
・開催期間は9月〜11月3週目まで(約3か月)。
※11月4週目は予備日とする。
・4チーム×4ブロックで行う。
・ブロック分けは、予選ラウンドの結果により分かれる。
※SBL1部は予選ラウンド1位と2位の4チーム。
※SBL2部は予選ラウンド3位と4位の4チーム。
※SBL3部は予選ラウンド5位と6位の4チーム。
※SBL4部は予選ラウンド7位と8位の4チーム。
・各部優勝チームには優勝賞品等を贈呈する。
3)順位は勝ち点により決定する。
4)勝ち点は以下のとおり。
・勝ち 「+3.0」
・同点 「+1.0」
・負け 「±0」
・未消化 「双方−10」
・不戦勝 「+3」(得失点差+7)
・不戦敗 「−10」(得失点差−7)
5)同勝ち点の場合は得失点差で順位を決定する。
6)同勝ち点かつ同得失点差の場合は、双方の対戦結果で勝利をしているチームを上位とする。
7)個人成績は全10試合で決定する。
■2【Enjoy Baseball League】
予選ラウンド・決勝ラウンドを行う。
1)『予選ラウンド』について。
・開催期間は3月〜8月まで(6か月)。
・6チーム×2ブロックで行う。
・ブロックは、SOUTH、NORTHに分ける。
・ブロック分けは、前年のオールスターゲーム時に抽選を行う。
・予選ラウンド優勝賞品は無しとする。
2)『決勝ラウンド』について。
・開催期間は9月〜11月3週目まで(約3か月)。
※11月4週目は予備日とする。
・4チーム×3ブロックで行う。
・ブロック分けは、予選ラウンドの結果により分かれる。
※EBL1部は予選ラウンド1位と2位の4チーム。
※EBL2部は予選ラウンド3位と4位の4チーム。
※EBL3部は予選ラウンド5位と6位の4チーム。
・各部優勝チームには優勝賞品等を贈呈する。
3)順位は勝ち点により決定する。
4)勝ち点は以下のとおり。
・勝ち 「+3.0」
・同点 「+1.0」
・負け 「±0」
・未消化 「双方−10」
・不戦勝 「+3」(得失点差+7)
・不戦敗 「−10」(得失点差−7)
5)同勝ち点の場合は得失点差で順位を決定する。
6)同勝ち点かつ同得失点差の場合は、双方の対戦結果で勝利をしているチームを上位とする。
7)個人成績は全8試合で決定する。
■3【Plus Cup (トーナメント)】
全28チームでトーナメント戦を行う。
1)開催期間は3月〜11月まで(約9か月)。
 1回戦:3月〜4月まで。(最大5月まで可とする)
 2回戦:5月〜6月まで。(最大7月まで可とする)
 3回戦:7月〜8月まで。(8月まで)
 準決勝:9月〜10月まで。(10月まで)
 決 勝:11月3週目まで。(最大11月まで)
※11月4週目は予備日とする。
2)全28チームによるトーナメント戦を行い、最大5試合とする。
3)対戦表は前年のオールスターゲーム時にくじ引きにて決定する。
4)トーナメント戦の引き分けは、整備後、球場外でジャンケンにて決定する。
※最終回の打順1〜9番同士、順番に行い、5勝を獲得したチームを勝利とする。
5)個人成績は無しとする(当リーグHPに個人成績の入力は不要)。
6)スコアは翌日までに当リーグHPに入力する。
7)優勝チームには優勝賞品を贈呈する。
■4【リーグ代表戦】
1)毎年12月に『たまむしリーグ代表2チーム様または3チーム様』とリーグ代表戦を1試合のみ行う。
2)出場チームは、SBL1部〜3部優勝チームとする。
※仮に2チームとなる場合は、SBL1部とSBL2部優勝チームとする。
※選出されたチームが辞退した場合は、リーグ運営者が出場チームを決める。
■5【オールスターゲーム】
1)翌年も参戦するチーム(出場希望チーム)のみで行う。
2)出場希望するチームは、各3名ずつ選出する。(以降、人数調整をします)
3)毎年リーグ戦が終わる12月に行う。
4)活躍した選手には表彰する。
第5条 大会費用・賞品等
■1【大会費等】
1)大会費は以下のとおりとする。
・SBLは4,000円
・EBLは4,000円
※共にPlus Cup分も含まれる。
2)大会費用の内訳。
・HP年間登録料900円(1チーム負担額)
・上記振込手数料432円
・Plus Cup大会費用含む
※銀行振込にて大会費を支払う場合は、振込み手数料はそのチームの負担とする。
■2【2018年予算】
SBL:4,000円×16チーム=64,000円
EBL:4,000円×12チーム=48,000円
総収入計:112,000円
■3【支出・賞品】 ※以下は予定額
1)SBL支出
・1部優勝×1→7,000円
・2~4部優勝×3→16,500円
・最優秀選手賞×1→6,000円
・打撃部門×3→9,000円
・投手部門×2→6,000円
・HP登録→14,400円
支出計:58,900円
2)EBL支出
・1部~3部優勝×3→16,500円
・最優秀選手賞→3,000円
・打撃部門×3→6,000円
・投手部門×2→4,000円
・HP登録→10,800円
支出計:40,300円
3)Plus Cup支出
・優勝×1→7,000円
4)共通
・振込手数料→400円
5)オールスター戦支出
・最優秀選手賞→3,000円
・優秀選手賞→1,000円
・ラッキー賞→1,000円
総支出計:112,000円
■4【表彰対象外】※要注意
1)当リーグHPにスコア・個人成績未入力がある場合は、上記の表彰対象者であっても除外する。
また、期日までに入力できなかった場合もこれに該当する。
2)規約違反等で脱退する場合は、そのチームの表彰は無しとする。
3)如何なる状況であれ、未消化チームも表彰対象外とする。
※大会前に雨天等を考慮して早めに消化するように伝えています。
■5【収支報告】
1)リーグ運営者は繰越金が無いように調整する。
2)HPにて簡易な収支報告を行う。
■6【大会予算外】
グラウンド代・審判代は、各試合毎に双方で折半額を負担する。
第6条 ルール
■0【公認野球規則】
大会規約及びグラウンドルールで、決められた以外については、本年度の公認野球規則による。
■1【野球道具等】
1)ボールは軟式野球ボールM号(新球)とする。
1試合につき各チーム2球ずつ用意する。(M号の検定落ちでも可能)
※M号以外は不可とする。
2)キャッチャー防具は着用とする。
3)ヘルメットはできる限り着用とする。
頭部のケガを守るためにヘルメットの着用が望ましいが、各チームの判断に任せる。
但し、ケガをした場合(頭部以外も)は、そのチームにて対応すること。
※スポーツ保険等の加入が望ましい。
※当リーグでは一切責任を負いませんので、ご注意願います。
4)ユニフォーム・帽子は必ず着用とする。
・ユニフォームの不揃いは可。
・ジャージは不可。
・帽子は必ず着用。(ケガ防止のため)
5)試合中などの事故に関しては、当リーグでは一切責任を負わない。
■2【オーダー】
1)試合前にオーダー表を交換する。
市販ではなく、個人で作成した物でも可とする。
2)全員打ちを可能とする。
但し、DHを含め10人打ちでも良い。
各チームの判断とする。
3)DHと守備交代は何度でも可能とする。
4)一度ベンチへ下った選手を再び守備で起用することは不可とする。
5)パ・リーグのように投手を打席に立たせないで、DHの利用をすることは不可とする。
6)ケガにより試合続行不可能となった選手が出た場合は、その選手を除いて9人以上いれば、試合続行可能とする。(8人以下となったら棄権となる。)
■3【助っ人】
1)助っ人は2人まで可能とする。
2)助っ人はバッテリー以外とし、打順は8番以降の下位打順とする。
3)所属するリーグ内の選手の助っ人は不可とする。
(例)
・SBLは、SBL選手の助っ人を「不可」とする。
・SBLは、EBL選手の助っ人を「可能」とする。
・Plus Cupは、Plus Cupに所属する選手の助っ人を「不可」とする。
4)過去に審判に対して暴言を吐いて、問題を起こした選手は、助っ人を不可とする。【厳禁】
■4【選手登録・新規加入者】
1)SBLとEBLとの二重選手登録を可能とする。この場合、助っ人とはならない。
2)新規加入者は、そのチームのユニフォームが揃っていなくても正選手とする。(帽子は着用、ジャージは不可)
試合後に退部をしても、その時は正選手となるため、助っ人とはならない。
また、この選手の打順とポジションは、正選手と同じ扱いとする。
3)過去に審判の判定に暴言を吐き、問題を起こした選手は、当リーグの選手登録ができないものとする。【厳禁】
4)派遣審判に暴言を吐く等の行為をした場合、その選手と、その選手が所属しているチームを登録抹消とし、出入りを禁止とする。
■5【審判】
1)リーグ運営者は、マッチメイク後、派遣審判(主審)を1人依頼する。
2)リーグ運営者は、審判手配が完了したら、当リーグHPのスケジュールを入力する。
■6【試合時間等】
1)試合開始時間は、使用開始時間10分後とする。遅くても15分後には開始する。
2)終了時間は、7回裏終了または使用終了時間10分前までとする。
※次枠の使用者に迷惑をかけない。
3)終了時間10分前時点で、裏の攻撃が未了の場合は、その前のイニングまでとする。 (個人成績含む)
※例え、あとアウト1つであっても時間で締め切ること。(キリがないため)
4)裏の攻撃チームが勝っていても、得失点差が影響するため、裏の攻撃まで行う。
※但し、7回表終了時に裏のチームが勝っている場合のみ、通常ルール通り7回表までとする。
※また、7回表終了時で同点の場合、7回裏に裏のチームが得点を入れた時点で試合終了とする。
但し、ランニングホームランを含むホームランの場合は、柵越えホームランと同じ扱いとして、その打者走者までの得点をカウントする。
※Plus Cupは、個人成績は関係ないため、6イニングまでの裏の攻撃のサヨナラをありとする。
5)トーナメント戦の引き分けは、整備後、球場外でジャンケンにて決定する。
最終回の打順1〜9番同士向かい合い、順番にジャンケンを行い、5勝を獲得したチームを勝利とする。
6)派遣審判が間に合わない場合は、両理事(両チーム)により、話し合い、攻撃側審判での試合を正式な試合にするか、練習試合とするかを決定する。
■7【グラウンド代等】
グラウンド代・審判代は、各試合毎に双方で折半額を負担する。
■8【試合放棄】
以下に該当するチームは不戦敗とする。
1)使用開始時間から15分後に試合を開始できない場合。【厳守】
(例)
遅くても使用開始時間から15分を過ぎた時点で試合を開始する。
8人等の人数不足の状態で試合開始して、守備機会や、打順が回ってきた時点で、人数が揃っていない場合は、該当するチームが不戦敗となり、以降練習試合に切り替える。
2)助っ人を3人以上依頼。
3)バッテリーの片方でも助っ人。
4)同リーグ所属選手を助っ人。
5)選手が8人以下となった場合。
※以降は練習試合に切り替える。
6)選手登録不可の選手が試合に出た場合。【厳禁】
7)その他問題となることが起きた場合。
■9【再試合について】
天災(雷風雨など)で、4回裏未了の場合は再試合とする。
大差により、試合時間終了時点で、4回裏未了の場合は試合を成立とする。
■10【当リーグHP入力】
1)対戦スケジュールは、リーグ運営者が行うこと。(審判手配も含め)
2)『試合結果(スコア)は、翌日までに勝利チームが入力』すること。
※引き分けの場合は幹事チームが入力すること。(両理事にて話し合いにより決定しても構わない)
※リーグ運営者が入力したベースにスコアを入力すること。
※リーグ代表戦は入力不要。
3)個人成績については、以下を注意すること。
・『試合日から2週間後の日曜日までに入力』すること。
・『入力締切日までに個人成績を入力しなければ、表彰対象外』とする。
・『Plus Cupは個人成績の入力は不要』とする。(勝者チームがスコアのみ入力すること。)
第7条 試合までの流れ
■1 【試合前日まで】
1)グラウンドを確保する。
2)リーグ運営者は、全理事(代表者)へスケジュール確認の連絡をする。
3)活動9日前までに全理事(代表者)は、必ず返信をする。
4)活動8日前までにリーグ運営者は、対戦詳細と派遣審判詳細を全理事(代表者)へ連絡する。
5)リーグ運営者は、当リーグHPへスケジュールを更新する。
全理事(代表者)は、当リーグHPを確認すること。
■2 【試合当日】
1)基本、試合会場には使用開始時間の30分前には集合する。
2)グラウンドに入る前に、双方間でグラウンド代等を済ませる。
3)グラウンド使用開始10分後に試合を開始する。
遅くても使用開始15分後には開始する。
4)グラウンド使用終了10分前には試合を終了させ、整備を行うこと。
次枠使用するチームに迷惑をかけないよう厳守すること。
■3 【試合後について】
1)『勝利チームは試合日の翌日まで』に当リーグHPへ試合結果を入力する。
※引分けの場合は幹事チームが入力する。
2)『対戦した両チームは試合日から2週間後の日曜日まで』に当リーグHPへ個人成績を入力する。
3)『リーグ運営者は、毎週月曜日に試合結果承認(以降入力不可)を行う』こと。
第8条 表彰対象外
■1【表彰対象外】
本来は、規約に記載されていることを理解されて参戦しているはずなので、すべて1回の注意で罰則ですが、以下のとおり一部を緩めます。
※1回の注意を受けない努力をお願いいたします。
※表彰対象外となる場合は、チームの表彰及び個人成績の表彰を白紙とする。

1)1回の注意で表彰対象外
・勝利チームが試合翌日までにスコア未記入または紛失した場合
(引き分けの場合は、幹事チームが行う)
・個人成績を2週間以内に入力されなかった場合
・その他、リーグ運営者が規約内外で罰則と判断した場合
2)2回の注意で表彰対象外
・チームスケジュールを活動9日までに更新しなかった場合
・その他、リーグ運営者が規約内外で罰則と判断した場合
第9条 その他
本規約に記載のない事象が発生した場合は、速やかにリーグ運営者へ連絡すること。
また、本規約違反があった場合は、リーグ運営者へ連絡すること。

規則に違反または目に余る行為が続く場合は、 チームの意思に関係なく脱退させる場合がある。
普通に活動していれば、何も問題ないと思ってます。
第10条 執行
本規約の執行は、2018年8月9日からとする。
01)2013年12月10日制定(第1版)
02)2014年05月15日制定(第2版)
03)2014年11月07日制定(第3版)
04)2014年12月05日制定(第4版)
05)2014年12月23日制定(第5版)
06)2015年01月01日制定(第6版)
07)2015年06月08日制定(第7版)
08)2016年01月01日制定(第8版)
09)2016年08月13日制定(第9版)
10)2017年01月01日制定(第10版)
11)2017年04月24日制定(第11版)
12)2017年06月19日制定(第12版)
13)2018年01月01日制定(第13版)
14)2018年08月09日制定(第14版)
第11条 ★2019年大会の規約★
第1条 大会説明
■1【リーグ名称】
リーグ名称は≪Smile Baseball League(SBL)≫という。以下「当リーグ」という。
当リーグは、年間で以下5つの大会を行うものとする。(2019年の大会内容になります)
・Smile Baseball League (SBL)
・Middle Baseball League (MBL)
・Enjoy Baseball League (EBL)
・Plus Cup (トーナメント戦)
・リーグ代表戦 (2or3チーム選出)
■2 【目的】
大会費用を安く、所属チーム同士交流を深め、公式戦を楽しむことを目的とする。
■3 【試合方式】
リーグ運営者・全所属チームは、グラウンドを確保する。
リーグ運営者は、理事等からチームスケジュールを確認し、マッチメイク・審判手配を行う。
(※自主対戦型ではありません。)
■4 【リーグ運営者・理事】
1)リーグ途中での規約変更は、リーグ運営者が理事へ確認等行い、判断・変更するものとする。
但し、リーグ運営者が理事への確認等が必要ないと判断した場合は、確認等を行わない。
2)以下の理事は、意見交換等を行い、運営に協力すること。
また、チームスケジュール入力についても協力すること。
【リーグ運営者】
代表:柳 沢 (J-Wings☆)
【Smile Baseball League】
※以下『SBL』という。
※全12チーム順不同 敬称略
理事:藤 野 (J-Wings☆)
理事:加 瀬 (ESTRELA)
理事:清 水 (Gorgeous)
理事:伊 藤 (Red Bulls)
理事:石 原 (ストーンフィールズ)
理事:長 坂 (龍虎)
理事:岡 本 (CASCADE)
理事:鬼 塚 (NOヒッターズ)
理事:関 上 (拝島ユニオン)
理事:貞 森 (WEEDS)
理事:内 藤 (ディベルティード)
理事:久 嶋 (八王子Raccoons)
【Middle Baseball League】
※以下『MBL』という。
※全8チーム順不同 敬称略
理事:池 永 (JOKERS)
理事:山 本 (MOCOBAKA)
理事:西 原 (SCRAPS)
理事:市 川 (JRシステム)
理事:木 村 (Monkey Ash)
理事:清 水 (なんぺりあん)
理事:相 馬 (東京Asterisk)
理事:● ● ( )
【Enjoy Baseball League】
※以下『EBL』という。
※全8チーム順不同 敬称略
理事:竹 田 (GB)
理事:福 田 (ノックアウツ)
理事:酒 井 (打越ウォルラス)
理事:伊 坂 (Raptors)
理事:齊 藤 (TAISEI)
理事:玉 置 (日清八王子WAVE)
理事:小 室 (Evols)
理事:野 村 (63base)
■5 【リーグ運営者がマッチメイク等をできない時について】
1)リーグ運営者がマッチメイク等をできなくなった時は、できる限り早めに全理事へ連絡する。
リーグ運営者が連絡できないこともあるため、全理事は代表者から毎週土曜日に発信している『活動8日前の連絡が無かった時点』で何かあったものと判断し、以下の『自主対戦型』に切り替える。
2)自主対戦型とは…。
チームスケジュールを確認して、またはリーグHPの日程を確認して、理事間(チーム代表者間)にて連絡を取り、マッチメイクを行う方式。
さらにどちらか(片方がグラウンドを確保していたら確保チーム側)が、審判の手配を行う。
ここまでを理事間(チーム代表者間)にて行う。
※リーグ運営者がマッチメイク等をできない期間があることを想定して、この規約を載せています。

第2条 参加資格
■1【参加資格】
1)日曜日中(8:00~17:00)に試合ができること。
2)八王子市近辺で試合ができること。
3)投打成績を含む簡易なスコア付けができること。
※投手成績は相手チームの打撃成績を参考にしても良い。
4)年間10試合以上を消化できること。
5)グラウンドをある程度(月に1枠)確保できること。
6)試合結果(試合日翌日まで)・個人成績(試合日から2週間以内まで)を当リーグのHPに入力できること。
7)チームスケジュールを活動9日前までに報告できること。
8)以下の大会費を支払うことができること。
SBL:4,000円
MBL:4,000円
EBL:4,000円
9)途中脱退しないチームであること。【厳禁】
※如何なる理由であれ、途中脱退はしないこと。
※脱退する場合は、如何なる理由であれ、大会費用の返金は行わないものとする。
※途中脱退チームは当リーグHPにて代表者名と合わせて公開する。
※規約違反等で脱退する場合、または注意を何度も受けても改善されないチームは、そのチームの表彰は無しとする。
10)過去も含め審判の判定に暴言を吐き、問題を起こした選手は、当リーグの試合に出れないものとする。【厳禁】
※助っ人も不可・選手登録も不可。
※仮に助っ人や選手登録が発覚した場合は、そのチームを登録抹消とし、出入り禁止とする。
※周りのチームに迷惑をかけるので、厳守すること。

第3条 概要
■1【開催場所と時間】
八王子市近辺で基本日曜日中に開催する。
但し、双方、土曜または祝日に試合成立する時は対戦可能とする。
■2【マッチメイク・審判手配の流れ】
1)リーグ運営者
理事へその月のスケジュールをグループLINEにて送信する。
2)理事
『活動9日前の金曜日まで』にチームスケジュールを必ず入力する。
3)リーグ運営者
『活動8日前の土曜日まで』に全チームのスケジュールを確認し、マッチメイク・試合会場・派遣審判の費用を含めた詳細を理事へグループLINEにて連絡する。
・派遣審判の手配はリーグ運営者が行う。
・派遣審判が確定しない場合は、確定後、再度連絡をする。
4)リーグ運営者
当リーグHPのスケジュール入力を行う。
※理事は、日時場所に相違がないことを必ず確認すること。
5)リーグ運営者
前日までにスコアのベースを入力する。
6)理事
試合当日、中止の場合はリーグ運営者へ連絡すること。
リーグ運営者はスコアの削除を行う。
■3【年間試合数】
1)SBL:8試合。
2)MBL:9試合。
3)EBL:9試合。
4)Plus Cup:1試合〜最大5試合。
■4【次年度の参戦意思確認】
毎年8月頃に次年度の参戦意思を確認する。
9月以降に外部へ次年度の募集をする。
次年度の枠が埋まり次第、募集を終了とする。
■5【代表者会議】
1)出席できないチームのことを考え、代表者会議を行わず、グループLINEでの連絡とする。
2)収支報告は当リーグHP内にて行う。
3)次年度の内容確認と規約の確認はグループLINEにてを行う。
4)表彰該当者は、12月のオールスターゲーム後に表彰を行い、欠席された方には次年にリーグ運営者が届ける。

第4条 大会内容
■1【Smile Baseball League】
予選ラウンド・決勝ラウンドを行う。
1)『予選ラウンド』について。
・開催期間は3月〜8月まで(6か月)
・6チーム×2ブロックで行う。
・ブロックは、【SBL】Aブロック、【SBL】Bブロックに分ける。
・ブロック分けは、前年のオールスターゲーム時に抽選を行う。
・予選ラウンド優勝賞品は無し。
2)『決勝ラウンド』について。
・開催期間は9月〜11月3週目まで(約3か月)。
※11月4週目は予備日。
・4チーム×3ブロックで行う。
・ブロック分けは、予選ラウンドの結果により分かれる。
※【SBL1部】は予選ラウンド1位と2位の4チーム。
※【SBL2部】は予選ラウンド3位と4位の4チーム。
※【SBL3部】は予選ラウンド5位と6位の4チーム。
・各部優勝チームには優勝賞品等を贈呈する。
3)個人成績は全8試合で決定する。

■2【Middle Baseball League】
予選ラウンド①・予選ラウンド②・決勝ラウンドを行う。
1)『予選ラウンド①』について。
・開催期間は3月〜5月まで(3か月)。
・4チーム×2ブロックで行う。
・ブロックは、【MBL】Aブロック、【MBL】Bブロックに分ける。
・ブロック分けは、前年のオールスターゲーム時に抽選を行う。
・予選ラウンド優勝賞品は無し。
2)『予選ラウンド②』について。
・開催期間は6月〜8月まで(3か月)。
・4チーム×2ブロックで行う。
・ブロック分けは、予選ラウンド①の結果により分かれる。
※【MBL1部】は予選ラウンド①の1位と2位の4チーム。
※【MBL2部】は予選ラウンド①の3位と4位の4チーム。
・予選ラウンド②の優勝賞品は無し。
3)『決勝ラウンド』について。
・開催期間は9月〜11月3週目まで(約3か月)。
※11月4週目は予備日とする。
・4チーム×2ブロックで行う。
・ブロック分けは、予選ラウンド②の結果により分かれる。
※【MBL1部】は予選ラウンド②の1位と2位の4チーム。
※【MBL2部】は予選ラウンド②の3位と4位の4チーム。
・各部優勝チームには優勝賞品等を贈呈する。
4)個人成績は全9試合で決定する。

■3【Enjoy Baseball League】
予選ラウンド①・予選ラウンド②・決勝ラウンドを行う。
1)『予選ラウンド①』について。
・開催期間は3月〜5月まで(3か月)。
・4チーム×2ブロックで行う。
・ブロックは、【EBL】Aブロック、【EBL】Bブロックに分ける。
・ブロック分けは、前年のオールスターゲーム時に抽選を行う。
・予選ラウンド優勝賞品は無し。
2)『予選ラウンド②』について。
・開催期間は6月〜8月まで(3か月)。
・4チーム×2ブロックで行う。
・ブロック分けは、予選ラウンド①の結果により分かれる。
※【EBL1部】は予選ラウンド①の1位と2位の4チーム。
※【EBL2部】は予選ラウンド①の3位と4位の4チーム。
・予選ラウンド②の優勝賞品は無し。
3)『決勝ラウンド』について。
・開催期間は9月〜11月3週目まで(約3か月)。
※11月4週目は予備日とする。
・4チーム×2ブロックで行う。
・ブロック分けは、予選ラウンド②の結果により分かれる。
※【EBL1部】は予選ラウンド②の1位と2位の4チーム。
※【EBL2部】は予選ラウンド②の3位と4位の4チーム。
・EBLは優勝賞品なし。
・個人賞を贈呈する。
4)個人成績は全9試合で決定する。

■4【各リーグ共通】
1)順位は勝ち点により決定する。
2)勝ち点は以下のとおり。
・勝ち 「+3.0」
・同点 「+1.0」
・負け 「±0」
・未消化 「双方−10」
・不戦勝 「+3」(得失点差+7)
・不戦敗 「−10」(得失点差−7)
3)同勝ち点の場合は得失点差で順位を決定する。
4)同勝ち点かつ同得失点差の場合は、双方の対戦結果で勝利をしているチームを上位とする。

■5【Plus Cup (トーナメント)】
全28チームでトーナメント戦を行う。(最大5試合)
1)開催期間は3月〜11月まで(約9か月)。
 1回戦:3月〜4月まで。(最大5月まで可とする)
 2回戦:5月〜6月まで。(最大7月まで可とする)
 3回戦:7月〜8月まで。(8月まで)
 準決勝:9月〜10月まで。(10月まで)
 決 勝:11月3週目まで。(最大11月まで)
※11月4週目は予備日。
2)対戦表は前年のオールスターゲーム時にくじ引きにて決定する。
3)トーナメント戦の引き分けは、整備後、球場外でジャンケンにて決定する。
※最終回の打順1〜9番同士、順番に行い、5勝を獲得したチームを勝利とする。
4)個人成績は無し(当リーグHPに個人成績の入力は不要)。
5)スコアは翌日までに当リーグHPに入力する。
6)優勝チームには優勝賞品を贈呈する。
■6【リーグ代表戦】
1)毎年12月に『たまむしリーグ代表2チーム様または3チーム様』とリーグ代表戦を1試合のみ行う。
2)出場チームは、SBL1部〜3部優勝チームを予定。
※仮に2チームとなる場合は、SBL1部とSBL2部優勝チームとする。
※選出されたチームが辞退した場合は、リーグ運営者が出場チームを決める。
■7【オールスターゲーム】
1)次年度も参戦するチームかつ出場希望チームのみで行う。
2)出場希望するチームは、各3名ずつ選出する。(以降人数調整を行う)
3)毎年リーグ戦が終わる12月に行う。
4)活躍した選手には表彰する。

■1【大会費等】
1)大会費は以下のとおりとする。
・SBLは4,000円
・MBLは4,000円
・EBLは4,000円
※共にPlus Cup分も含まれる。
2)大会費用の内訳。
・HP年間登録料900円(1チーム負担額)
・上記振込手数料432円
・Plus Cup大会費用含む
※銀行振込にて大会費を支払う場合は、振込み手数料はそのチームの負担とする。
■2【2019年予算】
SBL:4,000円×12チーム=48,000円
MBL:4,000円×8チーム=32,000円
EBL:4,000円×8チーム=32,000円
総収入計:112,000円
■3【支出・賞品】 ※以下は予定額
1)SBL支出
・1部優勝×1→6,000円
・2部優勝×1→5,000円
・3部優勝×1→4,000円
・最優秀選手賞×1→5,000円
・打撃部門×3→9,000円
・投手部門×2→6,000円
・HP登録→10,800円
支出計:45,800円
2)MBL支出
・1部優勝×1→4,000円
・2部優勝×1→3,000円
・3部優勝×1→2,000円
・最優秀選手賞×1→3,000円
・打撃部門×3→6,000円
・投手部門×2→4,000円
・HP登録→7,200円
支出計:29,200円
3)EBL支出
・優勝表彰はなし (HP掲示のみ)
・最優秀選手賞×1→2,000円
・敢闘賞×8→8,000円
・打撃部門×8→8,000円
・投手部門×2→2,000円
・HP登録→7,200円
支出計:27,200円
4)Plus Cup支出
・優勝×1→5,000円
5)共通
・振込手数料→400円
6)オールスター戦支出
・最優秀選手賞→2,000円
・優秀選手賞×2→2,000円
・ラッキー賞→400円
総支出計:112,000円
■4【表彰対象外】※要注意
1)当リーグHPにスコア・個人成績未入力がある場合は、上記の『表彰対象者であっても対象外』とする。
また、期日までに入力できなかった場合もこれに該当する。
2)規約違反等で脱退する場合は、そのチームの表彰は無しとする。
3)如何なる状況であれ、未消化チームも表彰対象外とする。
※大会前に雨天等を考慮して早めに消化するように伝えています。
■5【収支報告】
1)リーグ運営者は繰越金が無いように調整する。
2)HPにて簡易な収支報告を行う。
■6【大会予算外】
グラウンド代・審判代は、各試合毎に対戦する双方にて折半額を負担する。

第6条 ルール
■0【公認野球規則】
大会規約及びグラウンドルールで、決められた以外については、本年の公認野球規則による。
■1【野球道具等】
1)ボールは軟式野球ボールM号(新球)とする。
1試合につき各チーム2球ずつ用意する。(M号の検定落ちでも可能)
※M号以外は不可とする。
2)キャッチャー防具は着用とする。
3)ヘルメットはできる限り着用とする。
頭部のケガを守るためにヘルメットの着用が望ましいが、各チームの判断に任せる。
但し、ケガをした場合(頭部以外も)は、そのチームにて対応すること。
※スポーツ保険等の加入が望ましい。
※当リーグでは一切責任を負いませんので、ご注意願います。
4)ユニフォーム・帽子は必ず着用とする。
・ユニフォームの不揃いは可。
・ジャージは不可。
・帽子は必ず着用。(ケガ防止のため)
※正メンバーは、ユニフォームを作成するようにお願いします。
※正メンバーで、長期間ユニフォーム未作成選手は、リーグ運営者の判断により、正メンバーとしない場合かあります。
5)事故等に関しては、当リーグでは一切責任を負わない。
■2【オーダー】
1)試合前にオーダー表を交換する。
市販ではなく、個人で作成した物でも可とする。
2)全員打ちを可能とする。
但し、DHを含め10人打ちでも良い。
各チームの判断とする。
3)DHと守備交代は何度でも可能とする。
4)一度ベンチへ下った選手を再び守備で起用することは不可とする。
5)パ・リーグのように投手を打席に立たせないで、DHの利用をすることは不可とする。
6)ケガにより試合続行不可能となった選手が出た場合は、その選手を除いて9人以上いれば、試合続行可能とする。(8人以下となったら棄権となる。)
■3【助っ人】
1)助っ人は2人まで可能とする。
2)助っ人はバッテリー以外とし、打順は8番以降の下位打順とする。
3)所属するリーグ内の選手の助っ人は不可とする。
(例)
・SBLは、SBL選手の助っ人を「不可」とする。
・SBLは、EBL選手の助っ人を「可能」とする。
・Plus Cupは、Plus Cupに所属する選手の助っ人を「不可」とする。
4)過去に審判に対して暴言を吐いて、問題を起こした選手は、助っ人を不可とする。【厳禁】
■4【選手登録・新規加入者】
1)SBLとMBLとEBL内での二重選手登録を可能とする。この場合、助っ人とはならない。
2)新規加入者は、そのチームのユニフォームが揃っていなくても正選手とする。(帽子は何でも構わないので着用、ジャージは不可)
試合後に退部をしても、その時は正選手となるため、助っ人とはならない。
また、この選手の打順とポジションは、正選手と同じとする。
3)過去に審判の判定に暴言を吐き、問題を起こした選手は、当リーグの選手登録ができないものとする。【厳守】
4)派遣審判に暴言を吐く等の行為をした場合、その選手と、その選手が所属しているチームを登録抹消とし、出入りを禁止とする。
■5【審判】
1)リーグ運営者は、マッチメイク後、派遣審判(主審)を1人依頼する。
2)リーグ運営者は、審判手配が完了したら、当リーグHPのスケジュールを入力する。
■6【試合時間等】
1)試合開始時間は、使用開始時間10分後とする。遅くても15分後には開始する。
2)終了時間は、7回裏終了または使用終了時間10分前までとする。
※次枠の使用者に迷惑をかけない。
3)終了時間10分前時点で、裏のチームが勝っていても、裏の攻撃が未了の場合(3アウトを取られていない状態)は、その前のイニングまでの成績とする。 (個人成績含む)
※例え、あとアウト1つであっても時間で締め切ること。(キリがないため)
4)裏の攻撃チームが勝っていても、得失点差が影響するため、裏の攻撃終了までの成績とする。
※但し、7回表終了時に裏のチームが勝っている場合のみ、通常ルール通り7回表までとする。
※また、7回表終了時で同点の場合、7回裏に裏のチームが得点を入れた時点で試合終了とする。
但し、ランニングホームランを含むホームランの場合は、柵越えホームランと同じ扱いとして、その打者走者までの得点をカウントする。
※Plus Cupは、個人成績は関係ないため、両理事(両チーム、代理可)の話し合いにより、時間により6イニングまでの裏の攻撃のサヨナラをありとする。
5)トーナメント戦の引き分けは、整備後、球場外でジャンケンにて決定する。
最終回の打順1〜9番同士向かい合い、順番にジャンケンを行い、5勝を獲得したチームを勝利とする。
6)派遣審判が間に合わない場合は、両理事(両チーム、代理可)により、話し合い、攻撃側審判での正式な試合にするか、練習試合とするかを試合前に決定し、試合後の変更を不可とする。
■7【グラウンド代等】
グラウンド代・審判代は、各試合毎に双方で折半額を負担する。
■8【試合放棄】
以下に該当するチームは不戦敗とする。
1)使用開始時間から15分後に試合を開始できない場合。【厳守】
(例)
遅くても使用開始時間から15分を過ぎた時点で試合を開始する。
8人等の人数不足の状態で試合開始して、守備機会や、打順が回ってきた時点で、人数が揃っていない場合は、該当するチームが不戦敗となり、以降練習試合に切り替える。
2)助っ人を3人以上依頼。
3)バッテリーの助っ人。
4)同リーグ所属選手を助っ人。
5)選手が8人以下となった場合。
※以降は練習試合に切り替える。
6)選手登録不可の選手が試合に出た場合。【厳守】
7)その他問題となることが起きた場合。
■9【再試合について】
天災(雷風雨など)で、4回裏未了の場合は再試合とする。
大差により、試合時間終了時点で、4回裏未了の場合は、裏の攻撃が完了しているイニングまでとして試合成立とする。
■10【当リーグHP入力】
1)対戦スケジュールは、リーグ運営者が行う。(審判手配も含め)
2)『試合結果(スコア)は、翌日までに勝利チームが入力』する。
※引き分けの場合は幹事チームが入力すること。(両理事にて話し合いにより決定しても構わない)
※リーグ運営者が入力したベースにスコアを入力する。
※リーグ代表戦は入力不要。
3)個人成績については、以下を注意すること。
・『試合日から2週間後の日曜日までに入力』すること。
・『入力締切日までに個人成績を入力しなければ、表彰対象外』とする。
・『Plus Cupは個人成績の入力は不要』とする。(勝者チームがスコアのみ入力すること。)

第7条 試合までの流れ
■1 【試合前日まで】
1)グラウンドを確保する。
2)リーグ運営者は、全理事(代表者)へチームスケジュールをLINEにて総人する。(毎月中旬頃)
3)全理事(代表者)は、活動9日前までに必ず入力する。
4)リーグ運営者は、活動8日前に対戦詳細と派遣審判詳細を全理事(代表者)へLINEにて連絡する。
5)リーグ運営者は、当リーグHPへスケジュールを更新する。
全理事(代表者)は、当リーグHPを確認し、間違いなどがあれば、必ずリーグ運営者へ連絡すること。
■2 【試合当日】
1)基本、試合会場には使用開始時間の30分前には集合する。
2)グラウンドに入る前に、双方間でグラウンド代等を済ませる。
3)グラウンド使用開始10分後に試合を開始する。
遅くても使用開始15分後には開始する。
4)グラウンド使用終了10分前には試合を終了させ、整備を行うこと。
次枠使用するチームに迷惑をかけないよう厳守すること。
■3 【試合後について】
1)『勝利チームは試合日の翌日まで』に当リーグHPへ試合結果を入力する。
※引き分けの場合は幹事チームが入力する。
2)『対戦した両チームは試合日から2週間後の日曜日まで』に当リーグHPへ個人成績を入力する。
3)『リーグ運営者は、毎週月曜日に試合結果承認(以降入力不可)を行う』こと。

第8条 表彰対象外
■1【表彰対象外】
本来は、規約に記載されていることを理解されて参戦しているはずなので、すべて1回の注意で罰則ですが、以下のとおり一部を緩めます。
※1回の注意を受けない努力をお願いいたします。
※表彰対象外となる場合は、チームの表彰及び個人成績の表彰を白紙とする。
1)1回の注意で表彰対象外
・勝利チームが試合翌日までにスコア未記入または紛失した場合
(引き分けの場合は、幹事チームが行う)
・個人成績を2週間以内に入力されなかった場合
・その他、リーグ運営者が規約内外で罰則と判断した場合
2)2回の注意で表彰対象外
・チームスケジュールを活動9日までに更新しなかった場合
・その他、リーグ運営者が規約内外で罰則と判断した場合

第9条 その他
本規約に記載のない事象が発生した場合は、速やかにリーグ運営者へ連絡すること。
また、本規約違反があった場合は、リーグ運営者へ連絡すること。

規則に違反または目に余る行為が続く場合は、 チームの意思に関係なく脱退させる場合がある。
普通に活動していれば、何も問題ないと思ってます。


第10条 執行
本規約の執行は、2019年1月1日からとする。
01)2013年12月10日制定(第1版)
02)2014年05月15日制定(第2版)
03)2014年11月07日制定(第3版)
04)2014年12月05日制定(第4版)
05)2014年12月23日制定(第5版)
06)2015年01月01日制定(第6版)
07)2015年06月08日制定(第7版)
08)2016年01月01日制定(第8版)
09)2016年08月13日制定(第9版)
10)2017年01月01日制定(第10版)
11)2017年04月24日制定(第11版)
12)2017年06月19日制定(第12版)
13)2018年01月01日制定(第13版)
14)2018年08月09日制定(第14版)
15)2019年01月01日制定(第15版)