O2リーグ 運営規約
第1条 2017
  ホーム&ビジターで総当たりリーグ戦を行い優勝は勝率で決定 同率は同時優勝

1.リーグ加盟規約 チーム編
 1、メンバー有資格者は「みおつくし」「オーパス」他グランド取得へ積極的に参加
 2、スポーツ安全保険加入 (リーグからの見舞い、医療負担金はありません)
 3、打者はヘルメット捕手はマスクを着用。ベンチの女性子供はヘルメット着用を推奨
 4、HP担当者を決め 試合後、速やかに個人、及びチーム成績をHPにアップする事。
 5、会費は延滞なく速やかに支払いを済ます事 宴会時推奨
(2017年度会計RB日高氏) 

2.ホームチームの役割  - HP日程左側がホームチーム
 1、グランド取得。HP掲示板で対戦チームにグランド名と日時を告知する(延期も同様)
 2、対戦が確定した場合HP対戦日程更新。ルールとして撮影者の欄に「確定」と入れる
 3、審判への連絡。 雨天中止の場合、試合2時間前までに担当審判へ連絡。
 4、試合後。審判代は相手折半分を取りまとめて、ホームチームが審判に支払う

2−1グランド取得について
 1、ベースが必要な場合はホームチームが準備、手配する。
 2、大阪市内を優先、グランド代金2時間3000円を目安とする。
 3、ビジターチームもグランドがある場合、どちらのグランドを使用するかの決定権はホームチーム。
   ただし意地を張らず なるべく1面グランド&駐車場、形状など条件の良いグランドを優先♡

3、試合日変更の規定   -10日前でグランドキャンセル不可のため-- 
 1、試合日の10日前を過ぎ変更する場合
   変更を希望したチームがグランド代の全額負担、審判へのキャンセル連絡、
   更にホーム、ビジターに関係なく代替え日のグランド確保を行う。
 2、試合のある週の火曜日以後(当日含む)の変更は不可 試合が出来ない場合は不戦敗
   変更を希望したチームがグランド代の全額負担、当日の場合は審判代全額負担
   ただし、助っ人や相手チームからのレンタルで欠員を補い
   ルール上は不戦敗であっても、試合そのものを実施し記録を残す事を強く推奨します。

4.審判について
 1、行き過ぎた抗議は処罰対象とし、没収試合(敗戦)とする。
 2、審判代一律5.500円 ただし駐車場が千円を超える場合5千円プラス実費駐車場代
 3、雨天中止の連絡は試合開始2時間前までに行う事でキャンセル代無料
 4、雨天で現地集合後に中止の場合は1500円
 5、試合決行後は途中中止でも満額。

5.試合規定
 1、試合出場可能な正規メンバーが6名以上 助っ人含め9名以上。(10助っ人参照)
 2、試合開始時間は両チーム、審判が当日決めた時間 目安はグランド予約時間15分以内
 3、遅刻があっても急がせない!特に車は事故誘発のないよう配慮!趣味の野球です!
 4、7イニング制 延長は9回まで。
   試合時間はグランド終了10分前まで試合を行います(もちろん7イニング以内)
   試合終了は最終打者を審判判断により決定。ファウルで粘った場合は最終投球を決定
   4時間以上のグランドは予め終了時刻を審判と相談してからスタート。
   また両チームが合意し、かつ当日の審判の好意で続行の場合は時間延長可能。
 5、試合は裏の攻撃の有無に関係なく最終打者の成績有効で勝敗を決定。個人記録も同じ。
 6、ホームチーム先攻 ベンチは基本的にホームチーム1塁側。
 7、ケガなどでベンチ入りするが試合に出ない選手は 当日の出場可能選手から外す
   逆に出場可能選手は指名打者か代打で試合に参加して下さい。
   代打の出し忘れは試合スコアからマイナス1点
   試合前のメンバー表交換時に出場可能選手 助っ人、途中参加者の有無を確認する
   なお、試合途中から参加(到着)するメンバーは、代打以外は最終打順に組み込む
 8、全員打順可(助っ人含む) 打順内での守備交代は自由
 9、降雨による中止の場合、ゲームスタートより60分経過か4回裏終了で試合成立
 10、試合球(認定球)各2球。場外ファールは、出したチームが即時回収または補充する
   ボールのメーカーは不問
 11、背番号の規定はなし。30番以上や01番や00番も可能。
 12、投手を含めスパイク、グラブの色、バット、美的感覚によるリストバンドなど自由
 13、捕手、及び一塁手のグローブ使用可。逆にその他のポジションにてミットの使用は不可
 14、デカバット ハンドメイドや硬式、ソフト用具など相手チームに了承を得れば使用可
 15、ユニホーム新調の場合、デザインはそのまま・素材のみ変更であれば、新旧混在可。
   デザインが全く変更になっている場合は新旧混在は不可。
   嬉しいでしょうが、全員揃ってからお披露目して下さい。
    ただし、夏冬用を間違えてた等 継続性がない場合は試合前に相手チームに確認。


5−3 遅刻に関して
(1)両チームが遅れる場合
   駐車場待ちなど、両チーム遅れる場合は試合時間60分を確保していれば試合成立
   60分未満は開始前に無効試合にするかどうかを両チームで協議
   なお無効試合でも審判代は発生しますが個人成績の登録も認めます
(2)片方のチームメンバーが遅れ人数不足の場合
   グランド開始時間より20分で試合を開始してください
   先攻後攻はそのままです。後攻の場合8名以下でもそのまま守備について下さい。
   この場合に限り、メンバー全員が内野守備についた上で、足らない内野ポジションに
   助っ人を入れる事は可能ですが バッテリーに助っ人さんは不可です 
   遅刻者が到着し出場する時点で助っ人さんは従来ルールのポジションに戻します
   また遅刻者は、助っ人を含め全員の打順の最後に組み込みます。
   さすがに試合終了にも間に合わず 試合中に9名揃わなければ不戦敗(個人成績は残す)

5−7ケガやアクシデントによりメンバーが抜ける場合
(1)抜けた選手の打順に補充選手組み込む。優先は未出場の出場可能選手
(2)未出場の出場可能選手がなく、守備が9名未満になる場合のみ再登場選手を認める
(3)抜けた状態でも9人以上の場合は、打順を飛ばしてそのまま続行する事も可能
(4)出場可能選手で代わる選手がなく、助っ人3名以内で9名に満たない場合は不戦敗
(5)臨時代走の場合、その選手から打順の遠い順に特定する 
  
6、不戦敗のおさらい 不戦敗の規定
 1、没収試合 当日含む火曜日以降の人数不足、試合中のアクシデントによる人数不足
 2、不戦敗(特に当日)では人数ショートでも試合を続行するよう要望します。
 3、不戦敗でも試合を行った場合はグランド代のみ負担し審判代は折半。
   試合が行なえない場合、速やかに審判へ連絡、審判代が発生する場合は全額負担
 4、試合のスコアは0−7の敗戦ですが、個人記録はそのまま残します

7、表彰
 1、リーグ優勝チーム(トロフィー贈呈、副賞ボール1ダース)
 2、個人記録(受賞タイトルに個人名を刻んだトロフィーの贈呈)
   打撃4部門 打率 打点 本塁打 盗塁
   投手3部門 最多勝 最優秀防御率 最多奪三振
   シーズンMVP賞 投手、野手各1名 (別表彰者以外で表彰式参加者を推奨)
   オールスター戦MVP賞 1&2試合各1名 (基本ゲーム終了後)

8、リーグ除名措置 
 1、審判への抗議による制裁が年間2回以上あったチーム
 2、行方不明 音信不通なチーム
 3、その他で問題提議があり、申告チーム、当該チームを除く過半数から賛同を得た場合、
   幹事、もしくは代表チームが当該チームに事情聴取し、改善不可の場合は除名する。
 4、O2リーグにあるまじき強さのチーム ちょっとシャレにならない強さのチーム

9、新人選手の登録•出場に関して
 1、入団前にHP掲示板に氏名と背番号を発表(番号未定は確定してから)自チームにも登録
   背番号を引き継ぐ場合は、退団選手を削除し同背番号が重複しないように注意
 2、新人選手は背番号入りのユニホームが完成し当日忘れず着用した時点で認める
   要は事前にHPに発表登録のない選手は、当日ユニホーム持参でも認められません。
   また完成したユニホームを忘れた場合もダメです。これらの場合は助っ人扱い。
 3、と言う事で ユニホーム作成期間中は助っ人扱い。ただし
   ユニホーム完成後は掲示板発表時点の試合までさかのぼって個人成績入力可。
 4、退団選手の背番号を引き継ぐ場合は、ユニホームはお下がり可 

10、助っ人
 1、メンバー出場可能選手が6名以上であれば、助っ人人数に上限なし。
 2、助っ人打順は人数に関係なく最後尾から。
 3、3名以上の助っ人も全員打順可(1〜6番メンバー 7〜11番助っ人など)
 3、守備につく場合は 1名の時はライト 2名はライト、センター 3名の場合は全員外野
 4、3名以上の助っ人は 助っ人同士の交代で守備につけます。
 5、メンバーの出場可能選手が7名以上の場合、助っ人枠3名を使用して
   守備につかないメンバーはアリ。ただし打順には入って下さい。
 6、試合中、人数内であれば助っ人同士 助っ人からメンバー、またその逆の交代あり
 7、不戦敗以外で当リーグからの助っ人は不可。

11、試合特別ルール1 –盗塁- 
 1、3点差で盗塁は禁止(投手はふりかぶっての投球が可能)
 2、リードは可能だが牽制アウトはアウト 牽制エラー(捕手含む)も進塁できない
 3、投手の投球によるワイルドピッチ パスボールは進塁できる 
 4、その場のアピールで効力を発揮。後で気付いた場合は適用されない

11−1 3点差で盗塁した場合  
(1)アウトの場合はアウト セーフの場合はアピールがあれば元の塁に戻る。
(2)盗塁や牽制から起伏したプレーもアウトはアウト、セーフはアピールで元の塁へ戻る

12、試合特別ルール2 –ケガの防止- 
 1、NPBルール変更に準じ、捕手はブロック禁止、ベースを塞いだ時点でセーフとなる
 2、NPBルール変更に準じ、セカンドの併殺崩しも同様
 3、ファーストベース2個置きを推奨(衝突防止のため)。 
   ソフトボールと同様の置き方(ファウル側) 
   出せる時だけでOKですが、相手チームがベース一個の持参協力が必要です。 
   また住吉など固定ベースの場合はホームチームがベース一個を用意して下さい(推奨) 

13、試合特別ルール3 –タイブレーク方式- 
 1、2016年成績を基準とし下位チームのホームゲームでのみ採用。新規チームは適用除外。
 2、前イニングの最終打者(初回は打順最後尾)が1塁に出て、無死1塁から攻撃開始
 3、順位差に関係なく使用できる回数は1試合に1回のみ、使用するイニングは自由。
 4、タイブレークランナーの盗塁企画は禁止(3点差盗塁禁止と同ルールを採用)
 5、タイブレークランナーの得点や後続打者の打点は記録するが投手自責点には含めない

14、試合特別ルール4 –試合消化期限- 
 1、雨天順延など、未消化試合の期限は年内とし、消化できなかった試合は引き分けとする

15、最後に 
 1、審判員はO2リーグ優先で予定を組み、他の試合の審判(仕事)を断っています。
   リーグ戦中止、延期となる場合は、速やかに連絡をする事。
 2、リーグは野球を楽しむ事が基本です。
 不戦敗となっても、週末の試合をなるべく実施し個人記録を残す事を強く推奨します。
 3、HPの代表者欄には必ず最新の代表者の名前・連絡先を掲載のこと。




ーーーーーーーーーー確認事項ーーーーーーーーー


試合時間の確認
Q:14時間20分で七回まで終わりましたが14時50分まで試合するの?
A:七回まで終われば時間に関係なく終了です。

無効試合の個人記録
Q:雨天で試合時間が少ない場合も無効試合になるの?
A:降ったり止んだりの場合、実際の試合時間はわかりませんし
  試合が始まると優劣が出るので協議も難しいでしょうから
  4イニング未満であれば無効試合です
Q:遅刻も含めて無効試合でも個人成績は残して良いの?
A:審判代やグランド代を払ってプレーしてますから これは個人記録として登録可能です
Q:でも無効試合の分だけ 他のチームより試合数が多くなりますよ
A:天候も遅刻もアクシデントで意図的ではありません。年に何回もありません
  それよりもそういう状況でプレーした訳ですから記録は残します。


出場可能選手と助っ人の確認
メンバー7名で助っ人が4人の場合。
Q:暑いので守備は助っ人に任せてメンバーの僕はベンチってあり?
A:ありですが、打順には入って下さい。
Q:助っ人多いし、打順にも入りたくないなぁ
A:試合前の確認で出場可能選手から外れれば試合に出れないので打順に入りません
Q:その場合、メンバー6名 助っ人4名ってことですよね
A:そうです。助っ人がケガで外れても9名はキープできますがメンバーの誰かがケガした場合、
  あなたは出場可能選手ではないので試合に出れないので不戦敗になります。


タイブレイクのランナーの確認
ランナーは2塁への盗塁禁止です。盗塁死、牽制死はそのままアウト。セーフの場合は戻します

Q:投手は振りかぶって投げても良いの?
A:構いません。ランナーのリードが大きくなりますが、捕手からの牽制でアウトはアウトです。
Q:でも牽制がそれたら進塁されてるんちゃうん?
A:走者をアウトにしようとするプレイに準ずるものは「盗塁禁止」にあてはめて
  捕手&投手の牽制球がそれた場合もランナーは進塁できません。1塁に戻して下さい。

Q:パスボールやワイルドピッチはどうなるの?
A:打者に対する投球ですので、これが逸れた場合 ランナーは進塁できます。

Q:タイブレイクは無死ランナー1塁ですが、先頭打者をアウトにして一死1塁になりました。
  もうタイブレイクランナーは盗塁しても良いの?
A:アウトカウントに関係なく2塁への盗塁は禁止です。

Q:では盗塁禁止の制限はいつ消滅するの?
A:打者の四死球、打球(安打、バント、進塁打)などで2塁に到達した時点で消滅です
  3点差未満であれば2塁から3塁への盗塁も可能です。

Q:打者のライナーでタイブレイクランナーが飛び出しました。1塁でゲッツーありですか?
A:もちろん帰塁より早ければアウトです。

Q:打者が内野ゴロでタイブレイクランナーが2塁封殺で打者走者が1塁でセーフになりました  
A:走者が入れ替わりましたので、この走者は制限なし。3点差未満であれば盗塁も可能です。

Q:タイブレイクランナーは前回の最終バッター(初回は最終打者)ですか?
A:該当する打者が助っ人の場合は、正規メンバーまで繰り上がって下さい。
  (成績が反映されない助っ人を出してもしょうがないので)
  またメンバーが50歳以上で走塁や足、体力的に不安がある場合は相手チームの了解を得て
  その前の選手を出しても構いません。

Q:個人記録について確認したいのですが?
A:タイブレイクランナーがホームインすると得点がつきます。
  2塁へ進塁し制限解除の後、盗塁すれば盗塁もつきます。
  タイブレイクランナーを還した打者にも打点がつきます。
  逆に投手の場合はタイブレイクランナーの得点は失点も自責点もつきません。