神奈川ネットワークリーグ
神奈川ネットワークリーグ 運営規約
第1条 KNLとは
・KNLとは神奈川ネットワークリーグの略称である。
・このリーグは神奈川県内で活動する軟式野球チームを所属とする。
・高みを目指すチームでしたら、基本的に加盟は認めるが最低限社会人としてのマナーを守れる事は必須とする。
・リーグの活動としては3月〜12月でリーグ戦とトーナメント大会を実施する。
・リーグ戦は2リーグに分け予選を実施し、それぞれのリーグ上位2チームにてプレーオフを行ない優勝チームを決める。
・トーナメント大会については、上限を18チームとしリーグ所属チームは任意参加とする。不足する場合はオープン参加も検討し優勝チームには・・・。
第2条 試合について(ルール)リーグ戦
・7イニング制とする。時間切れ同点の場合は球場確保チームの勝利(ホームアドバンテージ)
・試合時間についてはチーム代表者同士にて試合前に決める。
・表⇒裏攻撃中に時間切れとなった場合は前の回に遡った裏のスコアで決定とする。
・球場未確保同士での試合にて同点の場合は最終出場者9名ポジション毎でジャンケンで勝敗を決める。
第3条 試合について(ルール)トーナメント及びチャンピオンシップ
・チャンピオンシップにおける同点の場合は予選通過順位の上位チームの勝利とする。
・2時間以上球場が確保出来ているのであれば、タイブレークにて決着(チャンピオンシップのみ)
  無死満塁で前の回の最終打者から3塁ランナーとする。(ランナーは投手を除いても良い)

・トーナメントによる同点は最終出場者9人ポジション毎によるジャンケン決着とする。