火曜BBリーグ 運営規約
第1条 リーグ運営
1.設立の目的
草野球を楽しむことを第一と、そのために良い試合を行うことを努力する。 各チーム及び各選手はリーグの運営に対し平等に責任を持ち、野球人として社会人としてのマナーを守るものとする。  
2.活動日
リーグの活動は、火曜日とする。  
3.幹事
リーグの運営を行うために、参加各チーム2名からなる幹事を置く。  
4.代表幹事
代表幹事を、幹事の中で互選する。
代表幹事は、幹事会の取りまとめを行い、必要に応じて会議を召集する権限を持つ
代表幹事の任期は1年とし、多選を妨げない。
 
5.補佐
代表幹事は、必要に応じて補佐をおくことができる。  
6.幹事会
リーグ運営のために、三ヶ月毎に定例幹事会を行う。
議決事項は原則として出席者の過半数で決定する。  
7.臨時会議
代表幹事の権限で臨時会議を召集することを可能とし、必要に応じてHPの掲示板上で討議をすることができる。  
8.総会
年に一度、総会を行うものとする。
総会には、リーグに参加する全チームの選手の他、マネージャー等名称に係わらず、チームの運営に関係する全ての人が参加資格を有する。  
9.年会費
リーグの運営のため、年会費を徴収する。年会費の額は、幹事会で決する。
年会費は、代表幹事が選任する会計担当が管理する。  
10.リーグ戦
2試合づつの総当たり戦とする。  
11.対戦カードの決定
原則としてホームページ掲示板で行うものとする。
なお、グラウンドの取得、審判の手配については、全チームで互いに協力して行うものとする。
(当日のグランド費用・審判費用は試合の都度、両チームで折半・清算する)  
12.試合結果報告
試合結果は、勝利チームがHP上にある掲示板に書き込む。  
13.シーズン
2月1日〜12月20日までとする。
第2条 試合進行
1.基本ルール
試合は、7回制とする。ただし、グラウンド終了10分前を過ぎたら新しいイニングに入らない。
イニングの裏が終了しなかった場合は、前のイニングの結果を持って勝敗を決する。
2.延長
7回を終了した時点で勝敗が決さない場合は、12回を限度として延長戦を行う。
なお、延長戦の最中に、当初予定の試合開始時間から2時間半を超えた場合は、そのイニングの表裏もって試合を終了する。
3.引き分け
上記によって、なお勝敗が決しない場合は引き分けとする。
4.試合成立
雨天などでコールドゲームにする場合は、両チームの代表者の協議を必要としたうえで、最終決定は審判にゆだねる。
試合成立は4回終了時点とし、4回終了以前のコールドゲームはノーゲームとする。  
5.不戦敗
試合開始時刻を過ぎてもメンバーが9人揃わなかった場合は不戦敗とし、スコアは0-7とする。また、試合のキャンセルは1週間前までとし、それ以降のキャンセルは不戦敗とする。なお、不戦敗が発生し、キャンセルに係わる料金が発生した場合は、キャンセルしたチームが負担する。  
6.ユニフォーム等
試合時には、ユニフォーム・帽子・スパイク、打者の場合はヘルメット、捕手の場合は面及びレガーツの着用を義務づける。
当日ユニフォーム・帽子等が揃ってない場合は、必ず相手監督の許可を得る。
7.用具・試合球
試合球はナガセケンコーボールで統一する 。
8.助っ人
試合成立を優先するため2名までの「助っ人」を認める。
助っ人の打順は7番以降とし、投手は認めない。
また、助っ人参加時の個人成績は公式記録には反映させない。 
9.指名打者
チームは、任意の野手に代わって、もしくは野手に加えて1名まで、打撃専門の選手として指名打者を置くことができる。
試合開始前にメンバーを発表する際には、投手以外の野手とともに打順を定める。 指名打者の打順位置は変更できない。
なお、チームは必ずしも指名打者を指名しなくてもよいが、指名しなかった場合には、その試合途中から指名打者を起用することはできない。  
10.打者10人制
野手に指名打者を加えた打者10名制を認める。
第3条 順位の決定
1.勝ち点
順位はポイント制で決する。ポイントは以下の通りとする。
勝ち3点  負け0点  引き分け1点  
2.同点の場合の順位決定条件
勝ち点が同点の場合、次の優先で順位を決定する。
(1)勝率
(2)得失点差
(3)総得点の多い方
これでも決定しない場合、決定戦を行う。
第4条 記録・表彰
1.表彰
チーム表彰は優勝と準優勝とする。
個人賞は、下記のとおり
打者部門…首位打者、打点王、本塁打王、盗塁王(規定打席数は試合×2.1)
投手部門…最多勝利投手賞、最多セーブ(最多セーブ3S以上)、奪三振率(規定投球回は24回)
2.記録の提出
各個人記録は試合終了後、別途定める様式に従い、速やかに記録担当者へ提出する。
3.セーブ
投手が、勝利の権利を持たず、勝利チームの最後の投手として登板し、最後までリードを保ったまま試合を終了させたうえで、以下の条件を1つ以上満たした場合にその投手にセーブが記録される。
1.3点以内リードの場面で登板し1イニング以上登板した場合
2.投球回2回投げた場合
第5条 その他
1.試合中の不慮の賠償責任保険として、リーグ戦に参加する選手全員にスポーツ安全保険の加入を強く推奨する。