白球会

2018年度 白球会試合結果

チーム名 1  2  3  4  5  6 合計
ベイナイン0000011
バトラーズ020002
大会2018年度 白球会
日時2018年07月01日()
 開始: 12時15分
 終了: 13時50分
球場大神グランドF
内容

チーム談話
本日はバトラーズのみなさん、審判をしてくださった本木さんありがとうございました。

この日の大神はいつもの海からの強風に隣のグランドでサッカーやってたため砂嵐がもろに流れてきて中々集中しづらいコンディションでしたね。

その中でも両チームの投手が粘り強く投げ合って結果的には締まった試合になったと思います!

ですが内容的には課題の沢山残った試合となりましたね…

それでは試合に入ります。
先攻ベイナイン、バトラーズさんは左腕の三橋投手。
対戦は確か2回目ですが恐らくマウンドの足場が合わなかったのか投げづらそうでしたね。
逆に打線もタイミング合わずに初回は三者凡退。
試合後にマウンドみたらプレートの一塁側だけ20cmくらい掘れてて、これは投げれないわと思いました‼

その裏ベイナインの守備、二番の中村さんにセンター前にクリーンヒット。
三番横田さんに1ボールから中村さんに盗塁を許します。
この場面、動くシチュエーションでもありバトラーズさんのベンチもサインが長かったのですが、牽制もなく、捕手もランナーが走ったのに途中まで気付かず無警戒で盗塁を許してしまってます。
この回得点は与えてませんがこういう警戒心の無さは相手の攻撃を積極的にさせてしまいますね。

二回の裏バトラーズさんは連打と盗塁で無死二三塁で盗塁王小林さん。
ここは仕掛けてくる場面かと思いきや三球三振に打ち取ります。
しかし1球外しても良いのではと思いましたが、その意志が見られないのか、ただただ無警戒なのかそれを見透かされたように次の三橋さんに1ストライクからスクイズを決められ先制されます。
小林さんの打席のどこかで1球外しておくと、相手ベンチもスクイズ出しにくくなり、出すカウントも絞れるんですが、今日初めて組んだバッテリーなのでこれからの課題にしてほしいですね。
続く石橋さんにもタイムリーを浴び二点を先制される。

その後はピッチャー鋤柄が調子を上げていきいつものテンポの良い投球で無失点に抑える。

一方の打線はランナーを出すも三橋さんの投球にフライを打ちまくり点を奪えないまま最終回を迎える。

先頭の鍵田のヒット、相手のエラーで1アウト1,2塁から9番松永の叩いた打球がエラーを誘い一点を返し、上位の村山、高比良へ。
ようやくタイミングが合い二人とも良い当たりを放つがどちらも野手の正面へ飛びゲームセット。

ベイナインは走塁ミスもあり、終始バトラーズさんに主導権を握られていた試合だったと思います。
ランナーに無警戒だと思えばすかさず盗塁をし、ストライクしか投げないと思えばスクイズを決め、見事な点の取り方に粘りの投球の三橋さんに完敗でした。

ベイナインはなにも出来ずに負けてしまったと言う感じでしょうか。
付け入る隙があるとしたら、三橋さんがランナーが出てからのクイックでの制球に苦戦していたのでもっと揺さぶれていたかもですね。

この敗戦を忘れずに個々に課題をもって練習、試合に取り組んでいきたいですね。


バトラーズさんとは本当はダブルで試合でしたが、あまりの強風と砂嵐で2試合目は中止に…
ですが、またすぐに試合を組んでいただきありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。

#18


チーム談話
お疲れ様です。

白球会 vs ベイナイン戦です。

砂塵が舞う中、両チームの皆様、お疲れ様でした。
また審判を務めてくださったWinnersの本木さん、ありがとうございました。


試合内容ですが、

1回表、ベイナインの攻撃は三者凡退。

1回裏、バトラーズの攻撃は一死から2番中村(悠)くんが安打で出塁。
盗塁を決め、チャンスを作るも後続が凡退。

2回表、先頭の4番東さんが安打で出塁。5番相澤さんも内野安打で続きピンチに。
しかし、後続三人を抑え無失点で切り抜けます。

2回裏、先頭の5番亀田くんが二塁打で出塁。6番山田くんがしぶとく右安打で続き、
盗塁を決めて、無死二塁三塁のチャンスに。

一死後、8番三橋くんがスクイズを決めて、1点先制。
9番石橋くんが左適時打でもう1点加点。2点先制に成功します。

その後、試合は膠着状態になり、
(砂埃がすごくて、タイムで途切れてしまい、集中も難しくなるほど。)

再び、試合が動いたのは6回表、
6番鍵田さんが安打で出塁。エラーも絡みピンチになると、エラーの間に1失点。
なおも、二死二塁三塁のピンチでしたが、後続を抑えてピンチを切り抜けたところで、
時間が来て、試合終了。

バトラーズが2-1で勝利しました。

この試合、
白球会屈指の好投手、ベイナインの鋤柄さんを打ち崩すまでは行きませんでしたが、
2点先制できたことが大きかったのではないでしょうか。

また守備では、ピンチを招くも牽制で走者をさしたりして失点しなかったのが
大きかったです。
バトラーズ先発、三橋くんの粘りのピッチングが光りました。

しかし、失点にはエラーが絡んでますので、そこは反省点です。

最近、白球会では大差での敗戦が続いていただけに大きな白星です。

こういう試合ができるように残りの試合を頑張っていきましょう。

                              「代筆:横田(直)」

個人成績   2018-07-03 07:59更新

打撃・守備成績

打順守備選手名1234567




1村山 翼投ゴ遊飛中飛一ゴ
2高比良 将三ゴ二失遊内右飛
3土屋 誠遊ゴ捕飛四球
4東 遼佑左安三振四球1
5相澤 健三内四球中飛
6鍵田 雅輝中飛遊飛左安
7大井 翼捕飛中安遊失●
8鋤柄 嘉幸三ゴ三ゴ投ゴ
9松永 惇平三振投バk遊失

投手成績

投手名投球回数自責点失点奪三振四球死球被安打被本打勝敗S
鋤柄 嘉幸5回0/32270050
個人成績   2018-07-03 14:20更新

打撃・守備成績

打順守備選手名1234567




1座間 裕太捕邪三失x
2中村 悠暉中安s遊ゴ2
3横田 博明三振左安
4加納 芳光投ゴ三振
5亀田 大輝左二●三邪
6山田 大輝右安●s投ゴ
7小林 瑞貴三振三振1
8三橋 幸輝投犠①三振
9石橋 涼介左安①三振
10助っ人4三振捕邪

投手成績

投手名投球回数自責点失点奪三振四球死球被安打被本打勝敗S
三橋 幸輝6回0/31123060
閲覧する大会を選択してください。