白球会

2018年度 白球会試合結果

チーム名 1  2  3  4  5  6 合計
ブラックソックス0101013
Winners0102025
大会2018年度 白球会
日時2018年02月18日()
 開始: 11時15分
 終了: 12時45分
球場厚木市営球場
内容

チーム談話
寒い中主審をやって頂きました大井翼君
ありがとうございました。

さて、個人的に楽しみにしていたWinner'sさんとの初戦!

…その前に、前々日に大庭(3番)が体調不良により欠席、
そしてまさかの監督窪田(4番)も急用により欠席。

試合とは全く関係の所で繋がりを見せるウチのクリンナップの
情報を聞き、急遽メンバーを組み替え前回王者との試合に臨む。

さて、一回の表はブラックソックスから
先頭の新加入の今井が痛烈な当たりを放つもサード早川さんのグラブに収まる。
うーん、幸先が悪い。
続く2番3番も書くに至らない内容の為割愛。

続く守り、こちらの先発はエース松木。
一昨年終わりから投手の柱としてチームに君臨。
いつ投げても試合を作れる投手としてのレベルの高さは
キャッチャーとして頭が上がらない。
1.2番をキッチリ抑え、3番上原さんのピッチャーフライを捕って三者凡退かと思いきや落球。非常に嫌な流れで4番の上原(拓)さんを迎える。
長打警戒の外、外の無難な配球で何とか追い込み、最後は高めの真っ直ぐで何とかレフトフライに打ち取るが逆方向とは思えない伸び…M球を配慮してもあんな伸びていくもんなのでしょうか。。

そして二回、先頭が四球→盗塁でチャンスに松木。しかしサードゴロで何故か2塁ランナーが飛び出し敢え無く終了…かと思いきやここで6番大竹がエンドランのサインにも関わらずレフトフェンス直撃の当たりを放つ!!…が、何故か1塁走者の松木、ホームに帰還できず…!!ここで褒めるべきは次の打者新山の追い込まれてからのキッチリゴロを打つチームバッティング!これで何とかブラックソックス先制!
しかし、裏の攻撃先頭は早川さん。一昨年私がバリバリ白球会で投げていた頃にまともに抑えた記憶がない打者である。悪い予想は当たり、勢いのある松木の高めの真っ直ぐを難なくセンターフェンス直撃の2塁打。そして6番大沼さんの当たりは不運にもセカンドベースに当たり外野に点々と転がる間にあっさり同点…
3回は両者無得点で4回、ついにこの男の待望のバットから1発が…!!。3番川島のレフトへのホームランで均衡を破る!!一昨年末に入団以降初のホームラン。この勢いのまま行きたいところだがその裏、ツーアウトを取るもヒットとフォアボールで満塁、そして代打モトキさん、ツーストライクに追い込むもやはり巧打者、簡単には終わらせてくれない、ファウルファウルと粘り、変化で落とせのサインに首を振る松木の渾身のストレートをキッチリ捉えセンターへ逆転打!!うーん、こーいう打者が代打で控えてる当たり選手層の厚さを感じますね…
5回は両者無得点、そして6回に先頭川島のヒット、盗塁で同点のチャンスに大竹。またしてもエンドランのサインをキッチリ成功させライトへ!!…が、ここは好守備に阻まれ1塁でアウト。
さぁ、守れば負けはない最終回の裏の攻撃、先頭の清田さんをエラーで出塁させ嫌なムードが漂うもここは抑えに定評のある笠原が続く3番4番を抑えツーアウト…!打席には早川さん。ここで回って来る当たり持ってるとしか言いようがない。慎重に入り過ぎたか0-3になり、ここはもう歩かせても…と思った矢先。打った瞬間それと分かる一撃… いや、もうここでそれを撃たれたらしょうがないとしか言いようのないサヨナラホームランでゲームセット。。。
シーソーゲームと良い試合に酔いしれるか、今後に繋げられるかで大きく今年の結果に関わって来るのではと感じさせられた試合になりました。
Winners さん、ありがとうございました!
第2節も楽しみにしています…!!


チーム談話
本日は厚木市営球場にて今シーズンの2試合目。
対戦相手は、今季より再加入したブラックソックスさん!
ブラックソックスさんとは約6年振りとなる対戦になるわけですが、久しぶり! という
感じはまったくないほどフレッシュな新生ブラックソックスさんに生まれ変わっており、
初対戦に近い感覚で対戦させて頂いた感じでございました!!

試合内容の前に、先ずは本日審判を対応下さいました大井さん、いつもありがとう
ございます!本日も元気良い試合進行で大変助かりました。また宜しくお願いします


1回:先攻ブラックソックスの攻撃、先頭打者;今井選手の強振のサードライナーか
ら始まり、Winners内野陣の好守もあって、3者で断ち切るスタートの先発;橋口。

その裏:1番2番を連続三振とする見事な立ち上りを見せる松木投手。しかし3番;
上原昇のピッチャーフライを落としてしまい、3者凡退とはいかなかったが後続を
打ち取られチェンジ。

2回:この回先頭の4番;網蔵選手を四球で出塁させてしまうと、すかさずの盗塁も
決められ、無死二塁と早くもピンチを向える。6番;大竹選手のレフト前ヒットで、更
にピンチに追い込まれると、7番;新山選手のサードゴロの間に先取点を奪われて
しまう。

しかし、その裏のWinnersの攻撃:この回先頭の5番;早川がセンターへのエンタ
イトルツーベースでチャンスを築くと、続く6番;大沼がセンター前へのタイムリーを
放ち早くも1点を取り返す!しかし反撃はここまでとなりチェンジ。

3回:この回は両者ともに三者凡退で終わる。
両チームの投手共に各々の良さを発揮している状況。(若き松木投手は、速球で
ばしばしと三振を奪っていき、対するベテラン橋口は、打たせて獲るのかわす投球)

4回:先頭バッターの3番;川島選手にレフトへのホームランを打たれ、再び均衡を
破られるが、後続3人を打ち取り1点のリードで留める。

その裏:先頭バッター3番;上原昇がショート深い位置への内野安打で出塁し、早く
も反撃に出たいWinnersにチャンスをもたらす。しかし後続の強打者二人が倒れて
しまい、若干沈んだムードとなるも、6番;大沼が内野安打でチャンスを広げる。
続く7番;桜井も四球を選んで二死満塁と粘りを見せる。ここで打席に向うは、代打;
本木。…確か4、5年前には一度「首位打者」タイトルを取ったことも。。白球会の試
合に全てを掛けてる男が肝心の場面でも勝負強さを発揮できるか!? 期待を背負っ
たあたりはセンターへ逆転タイムリーヒットとなる。

5回:この回より2番手投手;泉が登板。ヒットとエラーにてピンチはあったも、なんと
か無得点で凌ぐ。 

その裏:追加点が欲しい場面だが、なんと三者連続三振の結果でチェンジ。

6回:前の打席でホームランを放った3番;川島選手がこの回も先頭でレフト前ヒット
にて出塁し、更に盗塁でチャンスを築く。 進塁打もあり一死三塁の状況、、ここは
しっかりとエンドランを仕掛けてくるブラックソックス打線!5番;松木選手のあたりは
強振ゴロでライトへ、再び同点となる見事な1本となるが、結果はライトゴロになって
しまう。更に続く6番;大竹選手もライト前へ見事なあたり。しかしWinnersライト:清
田の好守備もあり、またもライトゴロに。稀に見る2者連続のライトゴロでチェンジ。

その裏:時間的に最終回となるこの回だが、サヨナラ勝利となるか、同点引き分けで
終わってしまうのか・・・先ずは先頭2番;清田がファーストエラーにて出塁。続くバッ
ターは1戦目のサンクチュアリ戦でサヨナラツーベースを決めている上原昇。いっき
に期待は高まるもファーストフライに。続く4番;上原拓も超特大のライト線へのファー
ルはあったが三振に。そしてむかえるは5番;早川!ファーストランナーを返すサヨ
ナラ決勝点のヒットを打ってくれるのか・・・結果は自らもホームベースを踏むこととな
るレフト線へのホームラン! Winners今季2試合連続のサヨナラゲームとなり試合
終了。(それにしても自チームながら本当に凄い男です!笑)

ブラックソックスの皆さん、本日はありがとうございました!
まさしくシーソーゲームといった、どちらが勝ってもおかしくない好試合でしたね。。
2戦目も宜しくお願いします!!

個人成績   2018-02-20 23:32更新

打撃・守備成績

打順守備選手名1234567




1今井 拓海三直中飛捕飛2
2田畑 拓哉遊飛二ゴ三ゴ
3川島 武遊邪左本①●左安●s
4網蔵 大四球s遊ゴ一ゴ
5松木 悠太朗三ゴ●中飛右ゴ①
6大竹 翔左安s三振右ゴ
7新山 翔遊ゴ①遊ゴ
8笠原 達磨遊ゴ中安s
9福岡 諒遊飛右失

投手成績

投手名投球回数自責点失点奪三振四球死球被安打被本打勝敗S
松木 悠太朗4回0/33372050 
笠原 達磨2回0/31240011
個人成績   2018-02-19 01:06更新

打撃・守備成績

打順守備選手名1234567




1ハラダ三振三振
1シマ三振
2セイダ三振三振一失●1
3ウエハラ ショウ一失遊内●s一飛
4ウエハラ タク左飛遊飛三振
5ハヤカワ中二●三振左本②●
6カナヤ中安①遊内●
7サクライ カ三振四球
8フルノ三振
8モトキ中安②
9タキザワ四球捕邪
10タカハシ捕邪三振
11ハシグチ投ゴ
11イズミ三振

投手成績

投手名投球回数自責点失点奪三振四球死球被安打被本打勝敗S
ハシグチ4回0/32211011 
イズミ2回0/30100020
閲覧する大会を選択してください。