北摂ハッスルリーグ! 運営規約
第1条 リーグ運営要項
■ 名称 
 北摂ハッスルリーグ! (北摂地域を中心にハッスルプレーで楽しいリーグ)
※略称 HHL

■リーグ構想
 日曜日・祝日に活動するチームによるグランド自主手配型私設リーグ
 北摂地域と淀川河川敷を主戦場として試合を行うリーグ

 ※淀川河川敷
 http://www.yodoiko.go.jp/YodogawaNet/index.action

 ※北摂地域=茨木市・高槻市・箕面市・豊中市・吹田市・摂津市・守口市・寝屋川市・枚方市

■参加条件(加盟時点)

(チームレベル条件)
 参加希望チームレベルは弱〜中ぐらい
 各市軟式野球連盟 中級以下
 例)A級・B級・C級 の3段階の場合 A級は不可
 例)A級・B級・C級・D級 の4段階の場合 A級は不可B級は、年間試合数勝率7割以下ならOK

(運営条件)
日・祝日に北摂地域と淀川河川敷でグランド確保できるチーム
日・祝日に北摂地域と淀川河川敷でグランド確保実績があるチーム
結成2年目以上のチームであること
ユニフォームが揃っているチーム

■リーグ開催期間
3月から11月

■年間試合数 
 5チームによる総当り2回 年間8試合
 勝ち点により順位を決定

■順位決定方法 
 勝ち点により順位を決定する
勝ち点(勝利) 3点
勝ち点(引分) 1点
勝ち点(敗戦) 0点
勝ち点(不戦敗) -3点
勝ち点(不戦勝) 3点

※1位 2位チームの勝ち点が同点になった場合
 勝ち数の多いチームを上位とします
それでも、同じ場合は、年間得失点差で点数の多いほうを上位とします

 3位同点は、同じ順位とします

■ハンディキャップ
2年連続優勝したチームは、次年度は、
ハンディキャップとして−3(最初から1試合負け)
それでも、3年連続優勝したチームは、−6(最初から2試合負け)
優勝が途切れた翌年は、ハンディキャップ無しとする
(2018年シーズンは、V-NINEさんに適用させていただきます)

■対戦方法
 年間対戦スケジュールを開始前に取り決めます 
※試合確定後、主催チームが対戦日程をホームページに掲載してください


■試合結果報告
 対戦両チームが試合後 1週間以内に試合結果、個人成績をホームページに掲載してください
※主催者チームは、2日以内に点数経過だけでも、先に ホームページに入力してください

 
■参加費
(会費)年間1万円/1チーム ※有料HP使用料、運営費、表彰代
(グランド代 他)グランド代、その他費用は両チームで折半してください

■表彰
(チーム賞) 
 ・優勝チーム   賞金3万円

(個人賞) 
 ・投手部門  奪三振賞(複数の場合投球回数の少ない人) 賞金2000円
 ・投手部門  最多投球回数賞(複数の場合POINT上位の人)賞金2000円

 ・打者部門  首位打者賞(複数の場合打席数多い人)賞金2000円
 ・打者部門  三振王賞(複数の場合打席数の少ない人)賞金2000円…最も三振が多かった人
 ・打者部門  最多盗塁賞(複数の場合打席数多い人)賞金2000円
第2条 試合運営要項
■先攻後攻
 先攻後攻は、当日じゃんけんで決めてください
 1戦目先攻のチームは、2戦目は後攻としてください

■使用球
 JSBB認定球M号 メーカー不問  新球もしくは、汚れが少ない球
 試合前に2球づつ提出
 柵越えなどの紛失は、紛失したチームが都度 補充する

■打者全員打ち
 打者は、HHLルールにより10番打者以上も全員打ちすることができる
※一旦ベンチ入りした選手が再び守備に就くことはできない 

■助っ人
 人数不足の場合や9人以上でも助っ人や体験参加の選手がいる場合は
 試合に参加を認めます
 ただし、部員6名以上の参加を前提とします
 ※投手の助っ人登板は不可

■試合回数
 7回戦とします
 得点差によるコールドゲームはありません
 試合は4回終了をもって成立します
 7回終了時で勝敗が決定しない場合は、グランドルールが許せば
 両チーム合意の上で時間の許す限り延長戦を行って構いません

■先発投手の投手の勝ち星
 先発投手の投手の勝ち星は、3イニングを登板した時点で成立とする

■メンバー表
 試合前に、メンバー表交換を行うこと


■審判
 セルフジャッジ(攻撃側審判)を前提とします
 ジャッジの公平性を保つため、基本的に打順の重ならない2名をあらかじめ審判に認定してください

 審判は、1チームから2名選出し、試合開始の整列時に
 双方4人の審判にて、主審を務める旨 挨拶してください

(例)5番打者と9番打者など打順が重ならない様に
   審判の選出と打順の考慮をしてください

 また、ジャッジに不信感を感じる場合は、対戦チームに申し出て審判を
 変更してもらうことができる
 試合をスムーズに進行させるため
 ストライクゾーンは、ボール1個分広めに取ること(下記の参考文献よりボール1個分広くする)
 
(参考文献)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3

■捕手のブロックについて
 安全性を重視し、ホームベース、各ベース上のブロックは、ランナーの手足が入り込む
 スペースを設けること、完全ブロックによる衝突によるケガを防止するため 

■ヘルメット着用について
 安全性を重視し、打者は、ヘルメット着用すること

■時間切れ 
 攻撃中であっても球場使用終了時刻の15分前には試合を終了し、裏表の成立している回にさかのぼり
 試合成立とする、個人成績も裏表の成立回までの成績を個人成績と認める

※裏表の成立回以降 時間切れまでの点数、個人成績は無効となる
※ただし、裏の攻撃で逆転した場合は、その時点でゲームセットとし試合成立となる。(2016・2 代表者会議追記)

  
 また、グランド使用終了時間の20分前には、次のイニングに入らない

■不戦敗
 試合日の1週間前を過ぎて試合をキャンセルしたチームは不戦敗とします
 試合をキャンセルしたチームは球場使用料を全額を支払ってください
 ただし、両チームの合意があれば、不戦敗とせず、後日再試合も可とします


■その他
 基本的な試合規則は、全日本軟式野球連盟の諸規則に準じることとします
 また、試合中のトラブルは、両チームで話し合って解決してください
 球場内外で発生した選手の怪我や第三者との紛争にリーグ管理人は関与しません
 当事者間で必ず処理してください
第3条 コミッショナー権限
■チームが著しくリーグ運営に支障をきたす行為を行った時、コミッショナー権限により
 一方的に、リーグから脱退させることができる
 脱退されたチームについては、年会費の返金はできません


 □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

                      北摂ハッスルリーグ!

                      コミッショナー  草野球男

 □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
第4条 2017年度 対戦スケジュール
対戦スケジュールの第1節から第10節対戦期限を厳守し、対戦両チームによって
自主的に対戦カードを決定してください。
対戦可能期限内であれば、対戦の順番が入れ替わるのは、かまいません。

■第 1節■  対戦可能日 3月1日  対戦期限6月30日
対戦カード□□□□□□□□
ドラゴンフライズ  対 レッドリボン
PRIDE 対 カイザース

■第 2節■  対戦可能日 3月1日  対戦期限7月31日
対戦カード□□□□□□□□
V-NINE  対 レッドリボン
カイザース 対 ドラゴンフライズ

■第 3節■  対戦可能日 4月1日  対戦期限7月31日
対戦カード□□□□□□□□
カイザース  対 レッドリボン
V-NINE 対 PRIDE

■第 4節■  対戦可能日 4月1日  対戦期限8月31日
対戦カード□□□□□□□□
ドラゴンフライズ  対 PRIDE
V-NINE 対 カイザース

■第 5節■  対戦可能日 5月1日  対戦期限8月31日
対戦カード□□□□□□□□
PRIDE  対 レッドリボン
ドラゴンフライズ 対 V-NINE

■第 6節■  対戦可能日 5月1日  対戦期限9月30日
対戦カード□□□□□□□□
ドラゴンフライズ  対 レッドリボン
PRIDE 対 カイザース

■第 7節■  対戦可能日 6月1日  対戦期限9月30日
対戦カード□□□□□□□□
V-NINE  対 レッドリボン
カイザース 対 ドラゴンフライズ

■第 8節■  対戦可能日 6月1日  対戦期限10月31日
対戦カード□□□□□□□□
カイザース  対 レッドリボン
V-NINE 対 PRIDE

■第 9節■  対戦可能日 7月1日  対戦期限10月31日
対戦カード□□□□□□□□
ドラゴンフライズ  対 PRIDE
V-NINE 対 カイザース

■第 10節■  対戦可能日 8月1日  対戦期限11月30日
対戦カード□□□□□□□□
PRIDE  対 レッドリボン
ドラゴンフライズ 対 V-NINE