2017年度 Friendship League 第17回大会試合結果

チーム名 1  2  3  4  5  6  7 合計
ユニオンキット00310004
大和ドラゴンズ10001002
大会2017年度 Friendship League 第17回大会
ブロック2部リーグ
日時2017年04月23日()
 開始: 13時10分
 終了: 14時50分
球場野島公園野球場 (金井球審)
内容

チーム談話
今季初戦という事もあってか大半のメンバーの動きが堅く、重苦しい展開ではありましたが
何とか今季初勝利を収めることが出来ました。
しかし打線が奮わなかったのが課題として残りました。四球や敵失などの隙を突き得点を
得ることは出来ましたが、今後の戦いを考えると打線の奮起が求められます。
守備面は特に目立った乱れもなかったので、今後も同様にいければ良いと感じます。
残り5試合もチーム一丸となって戦っていきたいと思います。


チーム談話
晴 17.5℃ 36% 東南東の風 4.7m/s
 
試合時間 13:08〜14:47
 
 緊迫する北朝鮮情勢の中、ユニオンキットさんとのリーグ戦初対戦。
 丁度1年前に交流戦で対戦していただき、4対1で敗戦を喫しているだけに何とかしたかったが、5失策7四死球では、どうすることもできなかった。
 これで、リーグ戦9連敗となった。
 一回裏に1点を先制したものの、アウトでもおかしくない本塁上でのクロスプレーであった。
 1死三塁で、山崎の打球はショートゴロとなり、これを前進守備の茅野遊撃手がワンバウンドで紙透捕手に送球。
 タイミングは完全にアウトであったが、球審はタッチが遅かったとの判定。
 ビデオを観る限り、三塁走者内田の足は、待ち構えるミットに吸い込まれるように滑り込んでいるように観えるため、アウトでも良かったと思われる。
 ただ、紙透捕手が、捕球する前にホームベースをまたいで待ち構えていて、そのままタッチしているのでコリジョンルールが適用されても良いのかなとは思いましたが、またいでいただけで完全に走路を塞いでいた訳ではないので、個人的には適用なしで良いと思う場面であった。
 また、三回裏、2死無走者、草野の打球はショートゴロとなり、茅野遊撃手の一塁への送球が少し高くなり、芝一塁手が少しジャンプして捕球。
 球審は、ジャンプしている間に草野が触塁したという判定でセーフとなったが、これもビデオを観る限り、長身の芝一塁手は草野の足が触塁する前にベースを踏んでいたように見えるため、アウトでも良かったと思われる。
 いずれもユニオンキットさんに不利な判定だったにも拘わらず、誰一人としてアピールすることなく淡々とゲームをされたことに脱帽でした。
 なお、肩痛で登板を回避した鈴木投手に代わり、全身痛で満身創痍であった山崎投手が2年ぶりにリーグ戦に登板。
 4回を投げて、7四死球とコントロールはいつもながら悪かったが、球威はまずまずであった。
 投壊のチームにとって、希望の星になって欲しいものである。
  

個人成績   2017-05-06 08:48更新

打撃・守備成績

打順守備選手名1234567




1田野井 一男二飛遊失四球s三ゴ
2廣野 達也一ゴ遊失●二安二飛
3助っ人1三振死球●三振遊安s
4森 宏幸四球三ゴ左二
5森数昌治投ゴs死球投飛
6紙透昭投飛二飛投ゴ
7牧野幾太郎四球三振二ゴ
8芝 幸雄四球三振
8川原 明彦投ゴ
9石井学三振四球●s三ゴ
10長谷川稔左安●s三振遊ゴ

投手成績

投手名投球回数自責点失点奪三振四球死球被安打被本打勝敗S
長谷川稔7回0/31235030
個人成績   2017-05-01 15:48更新

打撃・守備成績

打順守備選手名1234567




1横谷 友亮遊飛投ゴ左安●ss一ゴ1
2内田 慎太郎死球●s投ゴ三内①四球
3山崎  忍遊野①s三ゴ遊ゴ三ゴ1
4草野 和也三振遊失四球s2
5郷家 雅博四球三飛三ゴ
6宮尾 拓哉中飛三ゴ投ゴ
7鈴木 鎮夫四球左飛三ゴ1
8水谷 高志一ゴ投ゴ三振
9中島 好行右飛二ゴ三振
10内海 博一

投手成績

投手名投球回数自責点失点奪三振四球死球被安打被本打勝敗S
山崎  忍4回0/30465220
草野 和也3回0/30000010 
閲覧する大会を選択してください。