千葉マスターリーグ 運営規約
第1条 リーグ概要
・リーグ名   ○「千葉マスターリーグ(CML)」
・活動区域   ○千葉県北部・東京都東部
・試合数    ○各チーム自由対戦制 1チームあたりの試合数は異なる。但し各チーム全チームとの対戦を目標とする。
・順位     ○勝ち点制でリーグ順位を決定(詳細は順位決定方法参照)
・事務局    ○CMLホストチームである「トップガンズ」内に事務局を設け、事務局が中心になりリーグの運営を行う。
・リーグ    ○CML内で2リーグに分けそれぞれ優勝を競う。上位チームによりクライマックスシリーズを行う。
        リーグ名をそれぞれ「ランド」「シー」とする。
第2条 運営スタッフ
・リーグ代表幹事  ○石見桂右
・リーグ事務局長  ○石見桂右
・リーグ幹事    ○各チームの代表者
・基本的に各チームの代表との意見交換によって運営をすすめる。
第3条 役割分担
・以下のような役割を分担し、リーグ運営を行っていく。 
   ○リーグ代表幹事
    ・内容:各種規約の最終決裁権および臨時で会議を招集する権限を持つ。   
     リーグ戦がスムーズに進行するように対戦カードを調整する。  
   ○リーグ事務局長
    ・内容:各チームがリーグへ参加・試合する為の手続きを行う。
     指針・方針や細かいルールまで必要とされるものを策定し、意見調整を行う。
     CMLリーグ全体のウェブ管理(現在は代行サービス使用。代行との連絡調整)
     試合予定や結果の掲示確認および管理する。
     代表幹事権限を必要に応じ、代理人として行使する。
   ○リーグ幹事
    ・内容:リーグ代表・事務局とチームを繋ぐ窓口として、意思疎通を図る。
     チームの定期的なグラウンド確保、試合結果の報告等のとりまとめが適切に、
     且つタイムリーに行われているか管理する。
     チーム内の意見を集約し、リーグへ伝達・調整を行う。
第4条 連絡方法
・原則として各代表は掲示板/電子メール/LINEを利用して連絡をとりあう。
・上記連絡手段にて各チーム代表とリーグに関する事項を決定する。
・必要に応じ、代表者会議を実施する。
第5条 表彰
表彰は優勝/準優勝チームとする。
優勝/準優勝チームにはトロフィーを授与する。
第6条 リーグ・ホームページ
○以下のウェブサイトにCMLのホームページを公開する。
     ・http://bb.vcuda.net/cml/
     ・リーグ全体のウエブ管理担当:石見桂右
第7条 リーグへの参加資格
 ・原則として以下の項目に該当するチームを参加資格とします。
    1.千葉県北部・東京東部を主な活動拠点としている。
    2.ユニフォームが統一されている。または、あるいは今後統一する意向である。
    3.定期的にグラウンドが確保できる。
    4.電子メールでの連絡が可能である。
    5.試合のドタキャンをしない。
    6.所定の年会費、グラウンド等の諸経費を納めることができる。
    7.チームのレベルは5段階中2〜3を基準とする。
    8.ホームページにメンバー登録を行う。
      ※性別・年齢の制限はありません。
        未成年者の出場は認めるがチームにて責任を持つ(保護者の承諾書受領は推奨)。 
    9.背番号は0〜99とする。
    10.リーグの試合前中後に生じた事故・怪我などに関しては、事務局は一切の責任を負わない。
       ※傷害保険は、リーグでは用意していません。各チームにて加入を推奨。
    11.当リーグで各チームと対戦する為の努力をする。
    12.主として日曜日に活動する。(土曜・祝日もマッチメイクが成立すれば試合開催可です)
    13.本リーグ規則に同意している。

 リーグへの参加申請は、新規チームは事務局へ連絡ください(mail to : iwamikeisuke@hotmail.com)
 尚、参加チームは継続チームを優先とさせて頂きます。
 募集期限は年度毎に異なりますが、2月中旬迄が目安となります。
第8条 リーグの退会
  ・各チーム代表者より申し出のあった場合、リーグ代表幹事の判断もしくは代表者会議によって決定する。
  ・原則としてリーグの退会はシーズン中には認めない。
第9条 リーグ除名処分
・以下の場合、除名処分とする。この場合、徴収した参加費は返還しない。
 場合によっては、次年度以降のリーグへの参加を認めない。
    1.規則類や代表者会議決定事項を遵守しない場合
    2.リーグもしくは参加チームに対し損害を与えた場合
    3.著しく、試合消化努力を怠り、事務局並びに他チームに迷惑をかけた場合
    4.第8条の退会手続きではあるが、除名に相当すると事務局が判断した場合
第10条 年会費
・会費 2,000円(参加チーム数が多い場合は減額)
   但し、グランド・審判費は当日対戦チーム同士で折半、
   試合球に関しては各チームで準備責任がございます。
  ※また、他イベントの実施などにより必要が生じた場合は、
   各リーグ幹事との意見調整により徴収する場合もございます。

   会費には、『草野球施設リーグ管理ツール』利用料900円/チームと優勝トロフィ代が含まれます。
第11条 個人情報・著作権
・リーグ幹事およびチームメンバーは、参加チーム及び関係者の個人情報を
 本リーグ運営の目的以外に使用してはならない。
・本リーグに関わる情報(画像・規約・メール・HPコンテンツ等)の著作権は、
 全て事務局に帰するものとする。
第12条 対戦相手の決め方
・グラウンド確保し、自チームの人数確保が確定した時点で、
 その日程をリーグ掲示板に書込み、対戦を募集する。
 ※マッチメイク掲示板に記載する内容:チーム名・日時・グランド・必要費用(グランド代等)
・他チームは、自チームのメンバーの確保を確認の上、試合が可能であれば、掲示板にて対戦申込みの書込みを行う。
・申込みは原則、掲示板で書き込みが早い順に、対戦が確定する。
・対戦確定後は、チーム代表者同士で連絡を取り合い、試合に備えること。

対戦相手が決まらない場合
・掲示板に書き込みし、希望日の2週間を切っても対戦相手が確定しない場合は、
 募集を引き下げる事ができます。その場合は、その旨を掲示板に書き込みください。
第13条 対戦期限のガイドライン
・各チーム全チームとの対戦を目標とする。
・試合数の上限はありません。
 ※未対戦のチームがあれば個別に連絡を取る等して全チームとの対戦を目指しましょう。
第14条 使用グランド
・グランドは必ず野球用のグランドを確保・使用する。
・地域としては原則として千葉北部、東京東部であればOKとする。
 ただし、両チームの合意があれば場所は問わない。
・グランド代は、両チームの折半とする。費用の支払いは試合当日に清算を行う。
・球場を確保したチームをホームとし、ホームチームはベンチ位置と先攻・後攻を選択できる。
・グラウンドルールは、当事者チーム・審判にて決定する。
・初めてのグランド予約の際には、・マウンド・ベース・ラインカー・トンボ・駐車場・トイレ・鍵の有無などを
 事前に確認しておくべきです。グランド確保したチームで確認をお願い致します。
 その内容は必要に応じてチーム代表者間で連絡を取り合ってください。
第15条 有料審判採用
・原則的に有料審判をつけることとする。
・原則、グランド確保チームにて有料審判員を手配する。
 その人数は1名でも2名でも可とする。
・審判代は両チームで折半とする。(審判代は1試合8,000円程度が目安)
・費用の支払いは試合当日中に清算するものとする。
(新)・二度目の対戦以降は、両チームの合意により攻撃側審判とする事ができる。
    ※マッチメイク掲示板にその旨書込み了承を得てください。
第16条 試合球について
・各チームは一試合につき2個の試合球を用意する。

2018年より公式球となる新ボールの導入についてです。
現行のA号の未使用球をお持ちのチームも多いと思いますので、 本年は移行期間として、以下のように定めます。
・試合前に旧規格球か新規格球のどちらで試合をするか代表で確認する。
・一試合に使用するボールはどちらか一方の規格球とする。
・旧規格球を使用する場合、必ずしも未使用球を準備しなくとも良い。
この他、御意見頂けましたら流動的に対応してまいりたいと思います。

※練習球は新品でも試合では使用不可とします。
・試合中のファウルボールは、攻撃側チームが率先して拾う。状況に応じ守備側も対処する。
第17条 野球用具・ユニフォーム
・野球用具は、原則、J.S.B.B(全日本軟式野球連盟公認)マークの付いたものとする。
・原則ユニフォーム、スパイクを着用する。
・チームメンバーは統一のユニフォームを着用する。仮に不揃いのユニフォームを着用する場合は、相手チームの同意を得る。
・やむを得ずユニフォームを準備できない場合(助っ人等)、運動に適した服装にて参加する事(短パン・ソックスなし等不可)。
・捕手はレガース・マスクを着用する事。
・打者のヘルメット着用は推奨(義務ではありません)。
第18条 勝敗のガイドライン
・最長7回とし、同点の場合でも延長は行わない。
 7回同点の場合は、両チーム引き分けとする。
・試合時間は原則として1試合1時間40分とする。ただし、グランドを
 2時間以上確保した場合などは1時間40分を超えても両チーム合意の上、
 7回まで試合を行ってもよい。
・グランドを確保している終了時間20分前にどの回を最終回とするか
 対戦相手と合意した上で試合をすすめる。
 ○お互いに気持ち良く試合を終了できるように20分を切って
   新しい回に入らないようにしてください。もし新しい回に入る場合でも、
   イニング途中で時間切れになった場合は、その前の回までの結果が公式結果と
   なることを合意した上で試合をすすめてください。
 ○また、グランド整備やベンチの清掃のために終了10分前には試合を打ち切る
   ようにしてください。  
・降雨・日没などの場合は、4回を終了した時に試合完了とみなす。
 試合が完了しない場合においては、当事者チーム・審判にて試合の
 成立・不成立を判断する。
・コールドゲームはなしとする。
※6回以前の最終回で裏攻撃側チームの攻撃時間が長いために、イニング途中で時間切れとなった場合、
 成績への反映については事務局と相談し公式記録を確定する。
第19条 不戦勝・不戦敗のガイドライン
  ○マッチメイク承諾後、当日〜1週間前までのドタキャンは不戦敗とする。
  ○試合当日どちらかのチームが何らかの理由により対戦できなかった場合は、
   そのチームの不戦敗とする。また、これが両チームの場合双方試合放棄と
   みなし両チーム不戦敗とする。
  ○試合開始時間までに9名集合しない場合は、試合放棄として相手チームの
    不戦敗とする。また、これが両チームの場合は、双方試合放棄とみなし
    両チーム不戦敗とする。
  ※この後の人の貸し借りによる試合は認めますが、練習試合と扱います。
  ○不戦敗は消化試合数に数えない。不戦勝は消化試合に数える。
  ○不戦敗のスコアは0−7とする。不戦勝の勝ち点は+4、不戦敗の勝ち点は-4とする。
  ※ ただし、不戦敗となったケースについてもリーグとしては再戦を
     積極的に促していきたいと思います。ぜひ、再戦を行ってください!
  ○不戦敗が続くようであれば、別に罰則を設けるか、リーグから脱退願う場合もあります。
  ○試合中の怪我等により9名に満たなくなった場合は相手チームより守備時の不足人員を借りて
    試合を続行できる事とする。攻撃時は自チーム人員のみで攻撃する。試合は成立扱いとする。
第20条 攻撃・DHの考え方
・DHは2名まで認め、最大11名で攻撃できる。
・DHは守備交代としてどの守備にもつく事が出来る。
 しかし、交代した選手は再度守備につくことは出来ない。
・DHへの代打は可能とし、一旦交代したDH選手は再度出場できない。
・DHの採用は、各チームの自由選択とする。
・DHは、途中でやめることはできない。
・但し、怪我人などが生じた場合、両チーム合意の上で、変則的な対応も認める。
第21条 守備
・攻撃・守備チェンジは、駆け足で迅速に行う。グランド内では常に走るよう心がける。
・投手の投球練習の球数は、登板時は7球、それ以降の回は3球とする。
第22条 外部補強選手(助っ人)
・原則として各チーム所属選手のみ試合に参加できるものとする。
・ただし、チーム事情によりやむを得ない場合は、助っ人の参加を事前に相手チームに了承を得て紳士的に行う。
   ○原則として助っ人の参加は3名以内とする。
   ○禁止事項:バッテリーへの助っ人は不可とする。
    (追記)バッテリーはチームユニフォームを上下着用の事。
・助っ人の成績は、表彰に関連する個人成績には用いない。
第23条 個人記録・成績
(2014年度より個人記録の提出義務があります)
・規定打席数は、15打席とする。
・規定投球回数は、15回とする。
・先発投手の勝ち投手の権利は、7回までの場合は4回、5〜6回までの場合は
 3回とする。
・安打や失策の判定が難しい場合は、審判に判定を委ねる。
第24条 試合結果報告
・チーム代表は、試合後速やかに試合結果をウェブにて報告する。
 報告内容は回毎のスコアとする。
 ※基本は勝利チームにて報告する。期限は試合後1週間以内とする。
・各チームは、個人成績を各試合毎にウェブにて報告する。
 次回試合開催前には報告するよう努めていきましょう。
第25条 リーグ順位決定方法
・勝ち点制でリーグの順位を決定する。
   ○勝ち・不戦勝(4点)、引き分け(2点)、負け(1点)
    不戦敗(−4点)
・勝ち点が同点の場合は、以下の項目を優先して順位を決定する。
  1.総得失点
  2.当該チーム同士の対戦成績(勝敗、消化試合数、得失点の順で優劣を決定)
・2リーグの上位チームによりクライマックスシリーズを開催する。
  準決勝 ランドリーグ1位対ランドリーグ2位、シーリーグ1位対シーリーグ2位(11月1日時点の順位)
決勝戦 上記勝者同士により対戦
○準決勝が引分けの場合は順位上位チームが勝ち上がる。
○決勝が引分けの場合は全選手によるジャンケンにより優勝チームを決定する。
○優勝チームには優勝トロフィを贈呈する
○準優勝チームには準優勝トロフィを贈呈する