B-1リーグ 運営規約
第1条 試合について
・各2試合 先攻後攻各1

・勝率により順位決定

・同率首位の場合、決定戦を行う

・7回もしくは10分前で終了

・試合時間残り10分程度で新しいイニングに入るか否かは、代表者同士の協議で臨機応変に対応

・イニング途中で終了の場合、プロ野球の降雨コールドルールを採用

・試合球として各チームニューボールを2個ずつ用意

・人数不足により相手チームより守備要員を借りた場合、1人につき2点を献上

・全員で7人揃わないときは不戦敗(B−1所属チームからの助っ人は不可)

・多い分には出場人数の制限は無し(DHは何人でも可)

・派遣審判を導入(1試合6000円)※手配はバックドロップの森田が行う

・ホーム(後攻)チームがライン引き(基本的には審判が行ってくれる)

・ホーム(後攻)チームが天候不良時のグラウンドへの確認連絡、審判員への連絡等を行う

・試合日前週の金曜日まではキャンセル可(以降キャンセルは不戦敗扱い)
第2条 表彰について
・優勝賞品:ケンコーボール1ダース

・準優勝

・MVP

・打撃部門(首位打者、打点王、本塁打王、盗塁王)
※規定打席数・・・試合数×2打席(2015年度より)
※試合中、判断に迷うプレー(安打orエラーなど)は審判に確認

・投手部門(最多勝、最多イニング、最小失点率、セーブ王)
※規定投球回数・・・試合数×1.5回(2015年度より)
※勝ち投手の権利→先発投手の責任回数は無し
※相手チームの打撃成績に合わせて、投手成績を記録する
※安打、エラーの判断で成績が変わってくるため、防御率ではなく、失点率を表彰対象とする
※勝利チームの最後に投げていた投手が、点差に関係なくセーブ対象者

・準優勝以下の賞品はお楽しみ

・賞品は全チームで割り勘(賞品代として1チーム5000円)
第3条 各チーム代表者の仕事について
・各チームのグラウンド確保状況を幹事(バックドロップの森田)へ報告

※八王子市:前月の2日から抽選結果発表、7日からキャンセル分の予約

※東 京 都:前月の14日から抽選結果発表

→できるだけ、15日までに幹事(森田)に連絡する

→全チームのグラウンド確保状況を幹事(森田)が各チーム代表者へ連絡

→各チーム代表者は希望日を幹事(森田)へ返信

→幹事(森田)が日程を振り分ける(目標は20日までに翌月の日程を発表)

・ホームページの試合スケジュール入力は幹事(森田)が行う

☆試合結果入力(スコアボード登録)は、該当試合2チームのうち1チームが入力

※入力の早かったチームが入力

※重複して登録してしまった場合は幹事(森田)に連絡

☆試合結果入力(個人成績登録)は、該当試合各チームの代表が入力

※試合結果入力は、試合後1週間以内に入力

※試合中、判断に迷うプレー(安打orエラーなど)は審判に確認

※試合後に両チームでスコアの確認をすることが望ましい
第4条 年会費、その他かかる費用について
[年会費]

・表彰対象チームおよび個人への賞品代として、1チーム5000円を徴収する

・ホームページ登録料として、1チーム900円を徴収する

[その他費用]

・各試合の球場代および派遣審判代、ニューボール代は、該当各チームでその都度割り勘とする